大学概要

情報公開

平成29年5月1日現在データ

教育研究上の基礎的な情報

大学名称 帝塚山学院大学
設立年月日 昭和41年(1966年)4月
所在地と交通アクセス 狭山キャンパス:大阪府大阪狭山市今熊2丁目1823番地
泉ヶ丘キャンパス:大阪府堺市南区晴美台4丁2番2号
組織 学校法人組織
学部数 2学部 リベラルアーツ学部・人間科学部
学科数 5学科 
・リベラルアーツ学部・リベラルアーツ学科
・人間科学部・キャリア英語学科
・人間科学部・情報メディア学科
・人間科学部・心理学科
・人間科学部・食物栄養学科
大学院研究科 1研究科 大学院人間科学研究科 
専攻 2専攻 
・臨床心理学専攻(専門職学位課程)
・人間科学専攻(修士課程)
教育研究上の目的 リベラルアーツ学部・人間科学部
大学院人間科学研究科人間科学専攻(修士課程)
大学院人間科学研究科臨床心理学専攻(専門職学位課程)
在籍者数 学部合計:1,498人 (男:497人、女:1001人)
大学院合計:28人(男:10人、女:18人)
大学合計:1,526人(男:507人、女:1019人)
専任教員数 リベラルアーツ学部20人
人間科学部59人(キャリア英語学科9人、情報メディア学科8人、心理学科15人、食物栄養学科27人)
学部合計79人(含む学長、助教2人、助手10人)
教員一人当たり学生数21.7人(教員数に助手を含まない)
学部教員紹介
大学院人間科学研究科臨床心理学専攻(専門職学位課程)5人(その他兼担6人)
臨床心理学専攻(専門職学位課程)
大学院人間科学研究科人間科学専攻(修士課程)11人(すべて学部兼担)
人間科学専攻(修士課程)
専任教員 職位・年齢構成
職員数 63人(アルバイト含まず)
校地・校舎等の施設 狭山キャンパス:校地等82,789㎡、校舎19,330㎡
泉ヶ丘キャンパス:校地等27,604㎡、校舎16,885㎡
授業料 学費について(学部)
学費について(大学院)
図書館
蔵書数
  • 狭山キャンパス
  • 330,918冊
  • 泉ヶ丘キャンパス
  • 218,002冊
視聴覚資料
  • 狭山キャンパス
  • 雑誌4,903/視聴覚資料13,952
  • 泉ヶ丘キャンパス
  • 雑誌2,082/視聴覚資料4,133
図書館の案内
学生支援センター 帝塚山学院大学では、学生一人ひとりにきめ細やかなサポートをするため、「学生支援センター」を設置しています。 学生支援センターには教務課、学生生活課、国際交流センター、キャリアセンターがあり、学生のみなさんの学習、学生生活を支援しています。 教員や職員、設備、この大学すべては学生のためにある。それが、私たちが掲げる“Students First”の精神です。
学生支援センター
生涯学習センター 生涯学習センターは公開講座、コミュニティカレッジ講座、特別講座、公開授業、大阪狭山市共催の成人大学講座など多彩なプログラムを組んで、社会のニーズに応え、地域社会に学習機会を提供しています。
生涯学習センター
ICTセンター 狭山キャンパス、泉ヶ丘キャンパスともにICTセンターに情報サービス施設を整備し、ICT活用教育を推進し、学内ネットワークの整備と情報通信機器の維持・管理、次世代の情報通信を利用した教育の研究などを行なっています。
キャリアセンター キャリアセンターは人生を左右する「就職」を共に考え、学生一人一人にとって、最良の選択を導き提案します。キャンパスごとにキャリアカウンセラーを配置し、個別の相談にも丁寧に対応しています。
⇒キャリアセンター
心理教育相談センター 心理教育相談センターは地域および一般の市民の方々の心の問題についてカウンセリングを行なっています。成人のカウンセリング、子どもの遊戯治療(親子並行面接を含む)、心理査定などを行なっています。
(完全予約制・有料)
⇒心理教育相談センター
国際交流センター 留学相談や留学関係資料の提供、海外協定校との交換留学制度など国際交流に関する学生支援を行なっています。
⇒国際交流センター
⇒海外の協定相手校
教職実践研究センター 教職実践研究センターは、教員採用試験対策講座、教員採用試験情報の提供、教員採用試験受験相談という3つの柱を軸に「先生」になる夢をサポートします。狭山キャンパス(事務室F棟219、学習室A棟211)と泉ヶ丘キャンパス(本館204)の両キャンパスに設置されています。
教職実践研究センター
教職に関する情報 教職課程に関する情報公開
クラブ・同好会活動 クラブ・同好会活動
学則 大学学則PDF
大学院学則PDF
ページの先頭に戻る

修学上の情報等

教育情報の公表
教員組織、各教員が有する
学位および業績
学部教員紹介
臨床心理学専攻(専門職学位課程)
人間科学専攻(修士課程)
教員の業績等
3つのポリシー

学部
アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー

大学院
アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー

入学定員数 リベラルアーツ学部:130人、人間科学部:390人
入学者数

平成29年度
リベラルアーツ学部リベラルアーツ学科:66人
人間科学部キャリア英語学科:20人、情報メディア学科:48人、心理学科:114人(編入:1人)、食物栄養学科管理栄養士課程:75人、食物栄養学科健康実践課程:37人
大学院人間科学研究科臨床心理学専攻:13人

収容定員数 リベラルアーツ学部:550人
人間科学部:1,530人
(キャリア英語学科150人、情報メディア学科300人、心理学科600人、食物栄養学科管理栄養士課程320人、食物栄養学科健康実践栄養士課程160人)
学部合計:2,080人、収容定員充足率:72.0%
大学院人間科学研究科臨床心理学専攻40人、人間科学専攻20人
在籍者数 リベラルアーツ学部・リベラルアーツ学科:計281人
人間科学部・キャリア英語学科64人、情報メディア学科175人、心理学科463人、食物栄養学科管理栄養士課程353人、食物栄養学科健康実践課程:162人:計1,217人
大学院人間科学研究科臨床心理学専攻28人
大学合計1,526人(含む、社会人学生数5人、海外派遣学生数3人)、(交換留学生数2人<大学合計数には含まず>)
※社会人学生は5月1日時点で25歳以上の正規学生
卒業者数
※9月卒業生を含む

リベラルアーツ学部・リベラルアーツ学科:89人
人間科学部:276人(情報メディア学科:49人、心理学科:147人、食物栄養学科:80人)

進学者数 大学院への進学者数:7人(心理学科:7人)
修了者数 臨床心理学専攻:12人
就職者数 学部:268人
 平成28年度卒業生の主な就職先および進学先
大学院:12人(非常勤)
 平成28年度大学院修了生の主な就職先および進学先
カリキュラム リベラルアーツ学部 リベラルアーツ学科
カリキュラム・マップ
人間科学部 キャリア英語学科
カリキュラム・マップ
情報メディア学科
カリキュラム・マップ
心理学科
カリキュラム・マップ
食物栄養学科管理栄養士課程
カリキュラム・マップ
食物栄養学科健康実践栄養士課程
カリキュラム・マップ
開講科目・シラバス

開講科目・シラバス検索画面

卒業・修了認定基準 必要単位修得数 リベラルアーツ学部:124単位
リベラルアーツ学部卒業基準
必要単位修得数 人間科学部
・キャリア英語学科:128単位
・情報メディア学科:124単位
・心理学科:124単位
・食物栄養学科:128単位

キャリア英語学科卒業基準
情報メディア学科卒業基準
心理学科卒業基準
食物栄養学科管理栄養士課程卒業基準
食物栄養学科健康実践栄養士課程卒業基準
必要単位修得数 大学院人間科学研究科臨床心理学専攻:52単位 修了基準
大学院人間科学研究科人間科学専攻:30単位 修了基準
学位
  学位 平成28年度
学位
授与者数
リベラルアーツ部 リベラルアーツ学科 学士
(リベラルアーツ)
89
人間科学部 キャリア英語学科 学士
(キャリア英語)
0
情報メディア学科 学士
(情報メディア)
49
心理学科 学士
(心理学)
147
食物栄養学科 学士
(食物栄養)
80
大学院
人間科学研究科
臨床心理学専攻
(専門職学位課程)
臨床心理修士
(専門職)
12

※平成27年度開設のため、学位授与は平成30年度から

キャンパス概要・運動施設 キャンパスマップ
学生の修学、進路選択および心身の健康等に係る支援 保健室
栄養相談室
健康なこころとからだづくりに適切なアドバイスと指導を行っています。栄養相談室では、食生活全般についての疑問・悩みについて助言・指導を行っています。
就職活動 将来の進路や就職先等についての助言・指導を行います。就職講座や保護者対象就職応援セミナーも開催しています。
経済支援 帝塚山学院大学奨学金、日本学生支援機構、小野奨学金等、学業成績や人物が優良な学生で経済事情によって修学困難となった場合、学資を貸与又は給付されるものと学生生活を支援するためのスカラシップ制度があります。
学習環境・
コンピュータ環境
図書館ICTセンター
地域社会貢献 公開講座
地域連携活動一覧
心理教育相談センター
研究費の不正使用防止等に関する規程等 帝塚山学院大学における研究活動に携わる者の行動指針
帝塚山学院大学における研究費等の管理・監査のガイドライン
帝塚山学院大学における研究費の不正使用防止等に関する規程
帝塚山学院大学における公的研究費の不正使用防止に関する基本方針
帝塚山学院大学における公的研究費等の不正使用防止計画
ページの先頭に戻る
ページの先頭に戻る
ページの先頭に戻る