入試情報

Admission

スカラシップ制度・奨学金制度について

スカラシップ制度

本学独自のスカラシップ制度。
生活そのものの充実を図ることを目的として設けられています。

エントランススカラシップ

公募制推薦入試B日程の全合格者のうち、筆記試験の入試成績上位者に対して入学金を全額免除します。

募集時期 入学手続時
金額 入学金を免除
交付期間 当該年度
対象者及び条件 など 合格者のうち、筆記試験の成績上位者でかつ得点率が75%以上の者
(専願は1.1倍後の得点で判定)
リベラルアーツ学科 3名以内
キャリア英語学科 2名以内
情報メディア学科 2名以内
心理学科 4名以内
食物栄養学科
(管理栄養士課程)
3名以内
食物栄養学科
(健康実践栄養士課程)
2名以内

エントランススカラシップは帝塚山学院大学奨学金、日本学生支援機構、小野奨学会奨学金、その他地方公共団体奨学金、その他民間育英団体奨学金の併用が可能です。

入試成績優秀者特待生制度

公募制推薦入試

公募制推薦入試A日程の成績上位者に対して、最大4年間授業料の全額もしくは半額を免除する制度※です。

  • ※入学後各学年末に学業成績等をもとにした継続審査を行います。
  • ※授業料のみ対象。
  • ※帝塚山学院大学奨学金、小野奨学会奨学金、エントランススカラシップ制度との併用はできません。
条件 筆記試験の判定点の得点率〈全額免除〉80%以上〈半額免除〉75%以上
(専願は1.1倍後の得点で判定します)
全額免除 半額免除
リベラルアーツ学科 1名以内 4~6名以内※
キャリア英語学科 1名以内 2~4名以内※
情報メディア学科 1名以内 2~4名以内※
心理学科 2名以内 8~12名以内※
食物栄養学科
(管理栄養士課程)
2名以内 6~10名以内※
食物栄養学科
(健康実践栄養士課程)
1名以内 2~4名以内※

※半額免除の対象者数は、全額免除の該当者の有無により変動します。

一般入試・センター試験利用入試

一般入試(A・B日程)、センター試験利用入試(前・中期)の合格者のうち、入試成績上位者に対して最大4年間の授業料を全額もしくは半額を免除※します。

  • ※入学後各学年末に学業成績等をもとにした継続審査を行います。
  • ※実習費は除きます。
  • ※帝塚山学院大学奨学金、小野奨学会奨学金、エントランススカラシップ制度との併用はできません。
条件 一般入試は筆記試験の得点率  〈全額免除〉75%以上 〈半額免除〉70%以上
センター試験利用入試の得点率 〈全額免除〉70%以上 〈半額免除〉65%以上
ただし、キャリア英語学科は上記に加え、かつ英語の得点率70%以上

リベラルアーツ学科

入試名 人数
一般入試 A日程 全額免除 4名以内
半額免除 2名以内
B日程 半額免除 2名以内
センター試験利用入試 前期 全額免除 2名以内
中期 半額免除 4名以内

キャリア英語学科

入試名 人数
一般入試 A日程 全額免除 2名以内
半額免除 2名以内
B日程 半額免除 1名以内
センター試験利用入試 前期 全額免除 1名以内
中期 半額免除 2名以内

※ただし、英語の得点率が70%以上必要です。

情報メディア学科

入試名 人数
一般入試 A日程 全額免除 3名以内
半額免除 2名以内
B日程 半額免除 2名以内
センター試験利用入試 前期 全額免除 1名以内
中期 半額免除 2名以内

心理学科

入試名 人数
一般入試 A日程 全額免除 6名以内
半額免除 4名以内
B日程 半額免除 4名以内
センター試験利用入試 前期 全額免除 3名以内
中期 半額免除 4名以内

食物栄養学科(管理栄養士課程)

入試名 人数
一般入試 A日程 全額免除 6名以内
半額免除 3名以内
B日程 半額免除 3名以内
センター試験利用入試 前期 全額免除 2名以内
中期 半額免除 4名以内

食物栄養学科(健康実践栄養士課程)

入試名 人数
一般入試 A日程 全額免除 2名以内
半額免除 2名以内
B日程 半額免除 2名以内
センター試験利用入試 前期 全額免除 1名以内
中期 半額免除 2名以内
その他のスカラシップ

ドミトリースカラシップ

遠方からの入学者のための家賃援助制度です。大阪府以外の遠隔地で本学指定宿舎に居住する学生に、年間10万円の援助制度を設けています。

対象学年 1~2(編入生は3~4回生)
募集時期 4月
給付金額 年額100,000円
給付期間 1年間(条件を満たし申請により2年間継続可能)
条件 大阪府以外の遠隔地出身者で本学指定の宿舎に居住する者

留学スカラシップ

海外に留学する学生のための支援制度です。協定校への交換留学生、国際交流基金による留学生を対象としたプログラムがあります。

対象学年 1~4
募集時期 プログラムにより異なる
給付金額 プログラムにより異なる
給付期間 当該年度
条件 留学を希望する者で、学内における試験や一定の審査に合格した者

キャンパススカラシップ賞

課外活動・自主活動・クラブ活動などで個性を発揮し活躍する学生を対象にした支援プログラムです。

対象学年 1~4
募集時期 当該年
給付金額 表彰および副賞授与
給付期間 当該年度
条件 大学および社会に対し著しい功績があった者または団体

これらの支援プログラムは、帝塚山学院大学奨学金(授業料年間相当額の1/3給付)、日本学生支援機構(第1種、第2種)、小野奨学金(月額3万円給付)、その他地方公共団体奨学金、その他民間育英団体奨学金の併用が可能です。

奨学金制度

いずれも、学業成績や人物が優れた学生で、
経済事情によって修学困難になった人が対象です。

帝塚山学院大学奨学金

本学の学生のみを対象とした本学独自の奨学金制度です。修学の熱意があり、学業成績が良好で家計の経済事情の急変により学費の支弁が困難である学生に対し給付します。

対象学年 2~4
募集時期 9月下旬
採用決定 12月
給付期間 当該年度のみ
給付金額 授業料年額相当額の1/3
条件 本学の定める成績および家計基準を満たしている者
小野奨学会奨学金

公益財団法人小野奨学会が行っている民間の奨学金制度です。学業、人物ともに優れ、健康で向学心を有する学生に対し給付します。

対象学年 1~3
募集時期 4月
採用決定 8月下旬
給付期間 最短修業年限の終期まで
給付金額 40,000円
条件 小野奨学会の定める成績および家計基準を満たしている者<※1回生の成績は高等学校の評定平均値による
日本学生支援機構

日本学生支援機構の奨学金貸与事業は、教育の機会均等の理念のもと、意欲と能力のある学生らが、自らの意志と責任において大学などで学ぶことができるよう、国の重要な教育事業として実施されています。

第一種奨学金(無利子)【貸与】

対象学年 1~4
募集時期 4月
採用決定 7月上旬
給付期間 最短修業年限の終期まで
給付金額 【自宅通学者】30,000円・54,000円から選択
【自宅外通学者】30,000円・64,000円から選択
条件 日本学生支援機構の定める成績および家計基準を満たしている者


第二種奨学金(有利子)【貸与】

対象学年 1~4
募集時期 4月
採用決定 7月上旬
給付期間 最短修業年限の終期まで
給付金額 30,000円・50,000円・80,000円・100,000円・120,000円から選択
条件 日本学生支援機構の定める成績および家計基準を満たしている者

※ 1年次(編入学者は編入年次)に限り、入学時特別増額貸与奨学金(有利子・一時金)を申し込むことができます。第一種・第二種のどちらか(または、両方)と同時申し込みとなり、貸与月額の初回振込時に振り込まれます。貸与額は10万・20万・30万・40万・50万円から選択できます。

地方公共団体・民間団体奨学金

地方公共団体や民間団体による奨学金制度も多数あります。募集の時期は団体により異なりますが、多くは4 ~ 5 月に集中します。大学に募集依頼があった場合は、そのつど奨学金専用掲示板に掲示します。大学に直接募集がないものもありますので、出身都道府県市区町村の教育委員会や各団体に各自問い合わせてください。

このようにいろいろな奨学金制度があなたの勉学を支えるために設けられていますので、自分にあったものを選んで活用してください。詳しくは学務課までお問い合わせください。

大学院のスカラシップ制度・奨学金制度はこちら

帝塚山学院提携ローン

学費サポートプラン

本学では株式会社オリエントコーポレーション(以下、オリコ)と提携し、学生支援制度の一つとして提携教育ローン制度「学費サポートプラン」を導入しております。 オリコが本学に入学金や授業料などの学納金を一括納入(本学へ直接振込により振込手続き不要)し、オリコに分納にて返済する制度です。

利用対象者 帝塚山学院大学に進学または在学するお子さまをお持ちの安定した収入のある保護者の方
※契約にはオリコによる審査があります。
資金使途 入学金・学生納付金・諸会費等その他経費
利用限度額 10万円以上500万円以内(累積合計額)
※1回あたりの利用額は納付書の記載金額
返済方法 「通常返済」
「ステップアップ返済」※在学中は利払いのみ、卒業後に元利均等返済を開始する支払方法
「一部繰り上げ返済」、「親子リレー返済」も可能
必要書類 ①学生証又は合格通知の写し
②学費納付書写し

詳細につきましては、以下へお問い合わせください。

お問い合わせ先

オリコ学費サポートデスク

フリーダイヤル 0120-517-325(9:30~17:30)
※土・日・祝・年末年始を除く
インターネット (24時間受付)
  • インターネット出願
  • 資料請求