入試情報

公募制推薦入試 A日程(専併選択制)

インターネット出願

ポイント

専併選択制
専願の場合、優遇措置として筆記試験の得点が1.1倍となります。
入試成績優秀者特待生制度

筆記試験の成績上位者に対して、最大4年間授業料の全額または半額を免除します(最大40名)。
スカラシップ制度・奨学金制度」をご覧ください。

特待生
チャレンジ

AO入試で合格し入学を決めた方も、特待生をめざして、公募制推薦入試(A日程)を受験することができます。
特待生チャレンジの検定料30,000円は、受験時お支払いいただきますが、入試が終わり次第返金させていただきます。

検定料割引制度
1日につき30,000円ですが、2日連続受験の場合は35,000円となります。
試験日自由選択制
受験日は2日間の試験日から自由に選択できます。2日連続で受験することもできます。
  • *2日間連続して専願を選択する場合、同一学部・学科のみに限ります。
    併願選択の場合、同一学科・課程を2日連続して出願しても、異なる学科・課程を出願してもかまいません。
2学科出願
1日の入試で2学科まで出願できます。
3つの判定方式
[標準型]+[高得点型]または[標準型]+[指定科目型]での判定が可能です。
学外試験場
大阪北(A)会場・和歌山会場でも受験できます。

募集人数

学部 学科・課程 定員
リベラルアーツ学部 リベラルアーツ学科 20名
人間科学部 キャリア英語学科 10名
情報メディア学科 13名
心理学科 35名
食物栄養学科【管理栄養士課程】 20名
食物栄養学科【健康実践栄養士課程】 10名

試験日程

出願期間
平成29年10月7日(土)~10月28日(土)
試験日
平成29年11月4日(土)・平成29年11月5日(日)※試験日自由選択制
試験会場
泉ヶ丘キャンパス(本学)・大阪北(A)会場和歌山会場
合格発表
平成29年11月10日(金)
入学手続き締切
平成29年11月24日(金)
  • 合否にかかわらず、受験者全員に各通知等を合格発表日の午後1時に本学より郵送します。
  • 合否結果をインターネット上でも確認できます。
  • 合格発表日から3日経っても通知が届かない場合は、泉ヶ丘キャンパス総務室 入学試験係(072-296-1331)までお問い合わせください。なお、大学構内での掲示発表は行いません。
  • 電話による合否の問い合わせには、一切お答えできません。

出願手続き

入学検定料

【1日のみ受験】
30,000円

【2日連続受験】
35,000円
(2日目は5,000円で受験可能です)

  • *1回につき2学科に出願できます。
  • *[標準型]を必須とし、希望により[高得点型]もしくは[指定科目型]が併用できます。

(これらの場合も検定料は変わりません)

インターネット出願登録で必要な項目を入力した後、コンビニエンスストア(現金支払)またはクレジットカード決済が選択できます。

出願方法

入学試験要項に挟み込みの出願用封筒、または市販の角2封筒に、出願用封筒宛名面をダウンロード・印刷したものを貼り付けるか、宛先を手書きし、必要書類を簡易書留速達郵便(出願期間最終日消印有効)でお送りください。

<必要書類送付先>
〒590-0113 大阪府堺市南区晴美台4-2-2
帝塚山学院大学 入学試験係

出願資格 下記の項目を満たす者
  • ①高等学校(もしくは中等教育学校)を卒業した者、および平成30年3月卒業見込の者。
    ただし、高等学校(中等教育学校)を卒業した者については、評定平均値が記載された調査書を提出できる者に限る
  • ②学業人物ともに優れ、出身学校長の推薦を受けた者
    *評定平均値の指定はありません
  • ③専願を選択した場合、合格すれば必ず本学に入学する者

必要書類

web志願票(写真貼付)

  • 入学検定料の支払い完了後、web志願票の印刷を行い、写真を貼付したものを提出してください。

写真

  • 上半身、脱帽正面向、最近3ヵ月以内に撮影されたものを提出してください。写真の大きさは、縦4cm×横3cmです。写真の裏面に氏名を必ず記入してください。カラー・白黒は問いません。写真はweb志願票に貼付してください。
    複数日受験する場合は、受験する日数分の写真が必要です。(例. 公募制推薦入試A日程などで連続して2日間受験する場合は2枚必要です。)
    ※センター試験利用入試は不要です。

調査書

  • 文部科学省指定の様式により、高等学校長が出願前3ヵ月以内に証明し、厳封したもの。
    • 公募制推薦入試 : 廃校や被災などにより調査書の交付を受けられない場合は、卒業証明書、成績通信簿を提出のこと。この場合、調査書以外の資料により判定いたします。

※2日間受験する場合は、学部学科にかかわらず調査書は一通のみで結構です。

推薦書

  • 本学所定の用紙(両学部共通)に出身学校長が記入し、厳封したもの。

※公募制推薦入試A日程で2日間受験する場合は、学部学科にかかわらず推薦書は一通のみで結構です。

※公募制推薦入試A日程に出願し、公募制推薦入試B日程やC日程にも出願する場合は、推薦書を再度提出してください。

ダウンロードはこちら

選考内容

学部・学科 試験科目 配点
リベラルアーツ学部リベラルアーツ学科 国語・英語の2教科 200点
書類審査(評定平均値+評定平均最高教科)×2点 20点
人間科学部キャリア英語学科 国語・英語の2教科 200点
書類審査(評定平均値+英語評定平均値)×2点 20点
人間科学部情報メディア学科 国語・英語の2教科 200点
書類審査(評定平均値+評定平均最高教科)×2点 20点
人間科学部心理学科 国語・英語の2教科 200点
書類審査(評定平均値+評定平均最高教科)×2点 20点
人間科学部食物栄養学科〔管理栄養士課程〕

1日目
国語・英語から1教科選択と生物・化学から1科目選択

2日目
国語・英語から1教科選択と生物

200点
書類審査(評定平均値)×4点 20点
人間科学部食物栄養学科〔健康実践栄養士課程〕

1日目
国語・英語・生物・化学から2教科(科目)選択
*ただし理科を2つ選択することはできません。

2日目
国語・英語・生物から2教科(科目)選択

200点
書類審査(評定平均値)×4点 20点

判定方式

〈標準型〉〈高得点型〉〈指定科目型〉

  • 〈標準型〉の受験が必須です。〈高得点型〉ないし〈指定科目型〉は希望により併用できます。
  • 〈高得点型〉は受験した2科目のうち高得点の科目の配点を200点満点にし、もう一方の科目の配点は100点です。書類審査20点を加え、320点満点で判定します。
  • 〈指定科目型〉は学科が指定した科目を150点満点にし、もう一方の科目の配点は100点のままです。書類審査20点を加え、270点満点で判定します。
標準型必須 学科試験
2科目
書類審査 220点
満点
100点 100点 20点
高得点型※1併用可 学科試験
2科目
書類審査 320点
満点
200点 100点 20点
指定科目型※2併用可 学科試験
2科目
書類
審査
270点
満点
150点 100点 20点
  • ※1 リベラルアーツ学科・情報メディア学科・心理学科・食物栄養学科【健康実践栄養士課程】
  • ※2 キャリア英語学科・食物栄養学科【管理栄養士課程】

*指定科目

人間科学部 キャリア英語学科:英語

人間科学部 食物栄養学科【管理栄養士課程】:生物もしくは化学

(注)出題範囲

国語
「国語総合(古文・漢文は除く)」
英語
「コミュニケーション英語Ⅰ」「コミュニケーション英語Ⅱ」
化学
「化学基礎」と「化学」の[1]物質の状態と平衡、[2]物質の変化と平衡、[3]無機物質の性質と利用
生物
「生物基礎」と「生物」の[1]生命現象と物質、[2]生殖と発生、[3]生物の環境応答

※食物栄養学科を受験する方は、試験日で実施科目が異なるのでご注意ください。

食物栄養学科は、志望した課程が不合格となった場合、もう一方の課程でも判定を行います。判定の結果、合格となれば合格した課程の合格通知書を発行します。

*ただし、管理栄養士課程の判定には理科(化学または生物)の選択が必須となります。(健康実践栄養士課程で理科を選択していない場合には、管理栄養士課程での判定対象とはなりませんのでご注意ください。)

試験時間割

10:00
~11:00
11:30
~12:30
13:30
~14:30
リベラルアーツ学科 英語 国語
キャリア英語学科 英語 国語
情報メディア学科 英語 国語
心理学科 英語 国語
食物栄養学科【管理栄養士課程】 英語 国語 化学または生物
*2日目は生物のみ
食物栄養学科【健康実践栄養士課程】 英語 国語 化学または生物
*2日目は生物のみ
  • *試験当日は受験する教科(科目)の開始15分前までに試験場の所定の席へ着いてください。
  • *各教科(科目)の試験開始後30分以上遅刻した場合は原則として受験できません。
  • *いったん登録した教科(科目)を変更することはできません。
  • *各教科(科目)の試験終了後に問題用紙を持ち帰ることができますが、途中退出した場合は問題を持ち帰ることはできません。
  • *学部・学科・課程にかかわらず2日間とも受験することができます。
  • *食物栄養学科を受験する方は、試験日で実施科目が異なりますのでご注意ください。
  • *あらかじめ「試験に関する注意」をよく読んでおいてください。

専願を選択した場合の優遇措置

筆記試験の得点×1.1倍

特待生制度

公募制推薦入試A日程の成績上位者に対して、最大4年間授業料の全額もしくは半額を免除します。詳しくは、スカラシップ制度・奨学金制度をご覧ください。

※入学後各学年末に学業成績等をもとにした継続審査を行います。