帝塚山学院大学 人間科学部情報メディア学科 帝塚山学院大学 人間科学部情報メディア学科

scroll

あなたの好きなもの、得意なことが学びとつながる。
帝塚山学院大学、情報メディア学科(通称:情メ)
10年後の未来を切り開く情メの魅力をお伝えします。

「好き・得意」がみつかる
学びの環境

学習の中に新しいテクノロジ
学習の中に新しいテクノロジ VRやAR(拡張現実)、ドローン、Pepperのようなロボット技術といった新しいテクノロジを学習の中で扱うことで、それらを活用できる視点と技能を養っていきます。
コンピュータ機器やソフトが苦手でも大丈夫
コンピュータ機器やソフトが苦手でも大丈夫レベルに応じたICT教育によって、コンピュータが苦手な人から
専門性を追及したい上級者まできめ細かに対応します。
パソコンを使った専門職に
パソコンを使った専門職にネットワークやプログラミングから、クリエイティブワーク、ソーシャルメディアまで、
情報メディアの分野について横断的に学べます。
プロ仕様の機器で学べる。
プロ仕様の機器で学べる。CG・映像・サウンド制作用コンピュータールーム有り。映像制作、広告企画、
映像・音響編集を行うスタジオも完備しています。
映像や音楽をつくろう
映像や音楽をつくろう機器、ソフト、映像、音楽などの仕組みや考え方を理解し、使いこなす力をトレーニング。
ビデオ撮影・編集やアニメーション制作、音楽制作などのスキルを身につけます。
自分でWebサイトをつくってみよう
自分でWebサイトをつくってみようWebサイトのためのデータベース設計や構築、操作方法を習得できます。

情メの学びのヒミツ

2つを同時に!
情報メディア学科の学び

情報を扱う道具(情報ツール)と情報の中身(情報コンテンツ)を同時に学ぶことで、5年後、10年後先に普及しているであろう情報メディアにおける考え方を先取りできる「情報メディアの力」を養います。この学びによって、将来社会で求められ、活躍できる人材になることを目指します。

最初は初歩から、
やがて得意を伸ばして専門に

情報ツールと情報コンテンツを初歩からしっかり学習し、「情報メディアの力」の基礎を固めます。初歩の学びの中で、自分の「好き」や「得意」を見つけ、追及することで専門課程へステップアップ。「情報メディアの力」を基礎に得意分野を作ることで、変化の激しい情報社会に対応でき、自分の考えを社会に提案できる人になっていけるのです。

在学中から
社会で活躍する学生も

「得意×情報メディアの力」を育てる本学科では、在学中から社会で活躍する学生も珍しくありません。日頃学んだ知識を活かしてチャレンジした学外コンテストやイベントで受賞する学生も毎年出ています。中には、受賞作品を見たプロの方が学生に興味を持ち、本学へ求人を出した実績もあります。

資格も取れる、めざせる

「情報メディアの力」で活躍できる人材の育成に、情報科教員はかかせません。本学科では、高校学校教諭1種(情報)が取得可能な科目も用意。自分の後輩を育てることを「得意」にして情報科教員を目指す学生もいます。その他、情報ツールやコンテンツにおける国が開催する検定や、就職のための強い武器となるIT関連の資格取得もバックアップしています。

iPad miniを新入生全員に
無償貸与

情報メディア力の基礎を作るため、1回生から2年間はiPad miniを貸与しています。大学のさまざまな授業でタブレット端末の活用法を学んだり、友達同士で教え合ったりしながら、Webやソーシャルメディアを100%活用できるようになってもらいます。

「好き・得意」が学外とつながる
情メトピックス

インカレ・ソニックアーツ・フェスティバルに参加

インカレ・ソニックアーツ・フェスティバルに参加

ポスター・チラシデザインで本学科ゼミに感謝状

ポスター・チラシデザインで本学科ゼミに感謝状

オリジナル婚姻届とお祝いカードデザインを制作

オリジナル婚姻届とお祝いカードデザインを制作

VRテクノロジーをテーマにした特別講義

VRテクノロジーをテーマにした特別講義

大阪狭山市ハートケアフェスタにて表彰

大阪狭山市ハートケアフェスタにて表彰

ACジャパン広告学生賞で奨励賞を受賞

ACジャパン広告学生賞で奨励賞を受賞

「好き・得意」から生まれた
学生作品

「第13回ACジャパン広告学生賞」奨励賞受賞作品

「第13回ACジャパン広告学生賞」奨励賞受賞作品

本学科生全員がイベントポスター・チラシデザインを提案

本学科生全員がイベントポスター・チラシデザインを提案

マルチメディア制作法A(3回生対象)/ロトスコープアニメーション制作課題

マルチメディア制作法A(3回生対象)/ロトスコープアニメーション制作課題

映像制作基礎(2回生対象)/自己PR映像課題

映像制作基礎(2回生対象)/自己PR映像課題

デジタル映像実習(2回生対象)/クロマキー合成課題

デジタル映像実習(2回生対象)/クロマキー合成課題

資格・就職

卒業後の進路

  • 自社用携帯アプリの開発者になる
  • Webマガジンの編集者として働く
  • 映像制作会社のディレクターになる
  • 地域密着型の放送局で番組制作者になる
  • Webプランナーとして働く
  • 広告代理店でクリエイターとして働く
  • 情報科教員(高校)になる
  • 教育用コンテンツの開発を行う
  • IT関連企業でネットワークエンジニアとして働く
  • サウンドデザイナーとして働く
  • SNSを活用して企業のマーケティングの仕事をする
  • ファブラボ(製作ラボ)などモノづくりの現場で働く
  • ビッグデータを活用するデータ・サイエンティストになる
  • 企業での情報セキュリティ担当者となる
  • ...etc

取得可能な資格

  • 高等学校教諭一種免許状(情報)
  • 小学校教諭一種免許状
  • 学校図書館司書教諭免許状
  • 図書館司書
  • 博物館学芸員
  • 日本語教員養成
  • 社会福祉主事任用資格
  • 社会教育主事任用資格

※ 他大学提携プログラム。別途経費必要。

情報科教員免許課程

様々な情報関連の科目がある情報メディア学科では、高校の情報科の一種教員免許取得のための専門学科が学べるのも大きな特徴。大阪府では情報科教員の採用数も比較的多く、教職をめざした多くの卒業生が、教諭や講師として、高校の教壇に立っています。