学部・大学院

Faculty

お知らせ

【大学院 臨床心理学専攻】一般社団法人日本保育保健協議会において本学教員が基調講演を行いました

2017/07/24

平成29年7月2日(日)一般社団法人日本保育保健協議会 「平成29年度 中部(第4)ブロック研修会(津)において、本学教員(実務家)の大堀彰子教授が、基調講演を行いました。

基調講演
テーマ:保育士の笑顔が増えるために-保育園と大学院との連携を通して-
 近年、子どもの成長発達を取り巻く課題として、ゲームやソーシャルネットサービスなどのインターネット文化が及ぼす影響、虐待や貧困など養育の問題、自閉スペクトラム症やADHDなど発達障害の問題などが山積し、乳幼児の健全な成長発達を提供する保育の場や保育士の役割の重要性が一層高まっていることは言うまでもない。これに対して、保育の場や保育士の物理的条件の改善は追いつかず、保育士のストレスは増し、子供の安定した情緒発達を促すために必須となる、「保育士の笑顔」を維持することは相当困難と推察する。
 今回、保育園と大学院との連携から得た知見を報告し、保育士の方の「笑顔の維持」に少しでも繋がれば、と考える。