学部・大学院

Faculty

お知らせ

第35回日本小児心身医学会学術集会で臨床心理学専攻 大堀教授が医師―心理士セミナーを企画、施行しました

2017/10/03

 平成29年9月15日-19日 金沢歌劇座にて開催された第35回日本小児心身医学会学術集会(会長 社会福祉法人石川整肢学園 金沢こども医療福祉センター小児科 梶原荘平先生)において、昨年度の学術集会からシリーズ化されている本学会研修委員会主催、医師―心理士協働セミナーを、本学大堀教授が医師―心理士協働セミナー班として企画、施行しました。
本年度のテーマは「治療経過における医師と心理士の役割分担の在り方について考える」
とし、大学病院小児科、総合病院NICU、開業クリニックにおける医師と心理士の協働の実際を、岡山大学病院小児科,こころクリニック 椙原彰子先生(臨床心理士) 加古川中央病院 岡田由美子先生(臨床心理士) 小山小児科 小山佳紀先生(医師)に報告いただき、識名節子先生(発達神経クリニックプロップ)と共に、大堀教授がまとめ報告しました。当日のアンケート結果からも、小児科領域における心理士の活躍がますます期待されていることがわかりました。