ニュース・イベント

食物栄養学科 阿部教授が日本防菌防黴学会 年次大会シンポジウムにおいて特別講演を行いました。

2017/10/04

本学食物栄養学科の阿部教授が、下記学会シンポジウムにおいて特別講演を行いました。
1973年に発足した当該学会は、現会員数は約1800人であり、微生物の制御による食品・食材、調理・加工機器、包材・包剤、施設・設備機器、HACCP等の安全性に関する研究を多く行っています。
食に関連する様々な企業の研究開発関係者や研究機関の研究者、大学の教員等が多く参加し、年次大会は東京都と大阪府で交互開催されています。

 
1 日時 平成29926日(火)~ 27日(水)
2 場所 千里ライフサイエンスセンター
3 演題と概要
  「青果物/カット青果物の品質変化と微生物制御」
  近年、社会環境の変化や食生活の多様化に伴って市場流通量が急増しているカット果実・野菜の微生物的安全性確保を目的とした研究の成果を報告。特に、アメリカ合衆国農務省での研究成果ならびにホシザキ株式会社やダイキン工業株式会社との共同研究の成果は、カット青果物の市場における普及技術として活用されていることが紹介されました。
 
 受講した皆さんは、カット青果物の微生物学的安全性についての知識を習得することができました。
今回発表された研究内容は、阿部教授が本学で担当している「食品学」、「食品加工学」、「食品の流通と消費」等の講義の中で、学生達にも紹介しています。
 

一覧に戻る