ニュース・イベント

帝塚山音楽祭イベントの一環として、菓匠館「福壽堂秀信」から、帝塚山学院スイーツが販売されました!

2018/05/28

 
食物栄養学科 健康実践栄養士課程では、帝塚山学院と地元企業との連携による「帝塚山学院スイーツプロジェクト」を立ち上げました。このプロジェクトは今年度から始まる社会連携機構の一環で、心理学科の「スイーツ心理学®」とも連携していきます。
 昨年度、帝塚山に本店を構える菓匠館「福壽堂秀信」とのコラボレーション企画として、福壽堂秀信が自家製にこだわりをもつ「あん」を題材として、今までにない帝塚山学院ならでは商品を開発しました。
 今回は、3月21日(水)に引続き、5月26日(土)、5月27日(日)の帝塚山音楽祭の2日間限定で、食物栄養学科 健康実践栄養士課程の学生が考案した二つの商品が再度 福壽堂秀信本店で販売されました。前回の好評を受け、数を二倍に増やしての販売でしたが、26日(土)は17時に、27日(日)は15時に完売しました。
 2日間とも学生達も販売に携わることができ、貴重な体験ができました。夏期の本格販売に向けて、随時情報を更新していきます。お楽しみに!
 
 
販売された二つの商品はそれぞれ次の通りです。
 
商品名:あずきんちゃんプリン
考案者:食物栄養学科健康実践栄養士課程4回生 奥住莉那
商品説明:おいしいのはもちろんのこと、子どもからお年寄りまで、日本人が不足しがちな栄養を無理なく摂れる商品を考えました。カルシウムやたんぱく質が豊富な牛乳プリンをベースに、食物繊維たっぷりのこしあんを加えました。小豆を粒のまま炊き上げた「かのこ」を加えることで、「あん」になる前の小豆の形や食感も楽しめます。あずきが好きな「あずきんちゃん」と「食育」しませんか?
(「あずきんちゃん」は帝塚山学院スイーツ関連プロジェクトのデジタル絵本に登場するキャラクターです。)
 
商品名:あん珈琲ゼリー
考案者:食物栄養学科健康実践栄養士課程3回生 酒巻梨々花
商品説明:「小豆で健康に」をコンセプトに、多くの方に親しみを持っていただける商品を考えました。あんこを毎日召し上がる方はもちろん、普段はあまり召し上がらない方でも日常的に食べていただけるように、朝食や休憩の定番「コーヒー」をゼリーにして組み合わせました。あんこの味が引き立つように、生クリームたっぷりのミルクゼリーをあわせ、コーヒーの苦味を抑えてコクとまろやかさを出しました。この商品を通して、あんこの魅力をより感じていただけたら幸いです。「あんこ好きの学生」が考えた「あん珈琲ゼリー」を是非ご賞味ください。

一覧に戻る