スイーツ心理学

NEWS

  • 2019.09.17
  • スイーツ心理学(R)プロジェクトの成果を日本心理学会で発表しました

  • 本学社会連携機構のスイーツ心理学(R)プロジェクトでは、イデアラボとの共同研究成果を2019年9月6日に開催された日本心理学会第83回大会にて発表しました。
    発表内容は「スイーツ購入前から摂取後までの心理プロセスの探索と尺度作成の試み」です。​
    発表者は、イデアラボの研究員で本学客員研究員でもある市川玲子先生です。​
    本学からは、玉越勢治准教授と大本浩司教授が連名発表者となっています。​

    https://www.micenavi.jp/jpa2019/search/detail_program/id:928

    発表タイトル:「スイーツ購入前から摂食後までの心理的プロセスの探索と尺度作成の試み」
    発表者:○市川 玲子1,2・児玉(渡邉) 茉奈美1#・澤井 大樹1,2#・玉越 勢治3・大本 浩司3​
    所属:株式会社イデアラボ1・帝塚山学院大学社会連携機構2・帝塚山学院大学人間科学部3​
    キーワード:スイーツ, 心理的プロセス, 尺度​
    Exploring and scaling the psychological process from before buying sweets to after eating .​
    Reiko Ichikawa1,2, Manami Kodama-Watanabe1, Daiki Sawai1,2, Seiji Tamakoshi3 and Hiroshi Daimoto3​
    Idealab Inc.1, Organization of Social Outreach and Cooperation, Tezukayama Gakuin University2, Faculty of Human​
    Sciences, Tezukayama Gakuin University3
    Key Words:sweets, psychological process, scale​
     

    • #心理学科
  • 2019.07.25
  • 社会連携機構のスイーツ心理学(R)プロジェクトは不二製油株式会社との共同研究に着手しました

  • 本学社会連携機構のスイーツ心理学(R)プロジェクトは、2019年4月1日付けで不二製油株式会社との共同研究に着手しました。

    本共同研究は2件からなり、1件目は心理学科の大本浩司教授と不二製油株式会社との共同研究で、チョコレートの幸福感に関する心理調査です。

    2件目は甲南大学の山中仁寛准教授と心理学科の大本浩司教授と不二製油株式会社で、チョコレートとヒトの注意機能に関する実験研究です。
    これらの研究成果は随時発表して参りますので、ご期待ください。

    • #お知らせ
    • #心理学科
  • 2019.07.16
  • イラストレーター・しみずだいすけ先生の絵本ワークショップを開催

  • 7月13日(土)、イラストレーター兼絵本作家として活躍している、しみずだいすけ先生による絵本ワークショップが行われました。
     
    しみず先生は、絵本「あかまる どれかな?」や「レッドハリケーンズ公式キャラクター レッドハリー®」(株式会社NTTドコモ)のイラストなどの作品を手掛けておられます。

    (しみず先生HP)
    http://dice-k432.bitter.jp/
     
    今回のテーマは「チョコレート絵本のキャラクターをつくろう」。
    授業の前半ではチョコレートに関する発想を拡げるワークを実施しました。
    参加した学生は、山盛りに積まれたチョコ菓子の中から好きなものを選び、チョコ菓子を食べながら自身が考案するキャラクターの構想を練りました。
    そして、後半では、各自でキャラクターを形にしていく創作に取り組みました。

    このワークショップは、リベラルアーツ学科とスイーツ心理学®プロジェクトのコラボ企画の第2弾となり、
    学生たちが自分たちで考えたキャラクターを使って、しみず先生と一緒にスイーツ心理学の絵本を制作していきます。

    来年には公開予定ですので、お楽しみに。

    • #リベラルアーツ学科
    • #心理学科