トピックス

Topics

新着情報

【メディア掲載】読売新聞に及川智早教授(リベラルアーツ学部)のコメントが掲載されました

2019/08/01

7月25日(木)の読売新聞(夕刊)に及川智早教授(リベラルアーツ学部)のコメントが掲載されました。
 
文化欄の「戦う皇后 時代の願い象徴」という記事の中で、古代の伝説的存在であった神功皇后は、中世から近世において安産の神とされるなど変容を重ね、近代においては大陸の進んだ文化をもたらした文化英雄の側面などがみられるとし、「神功皇后、あるいは日本神話の神々と民衆の関わりは、今後も時代と共に変容するだろう」とコメントしています。