トピックス

Topics

新着情報

「帝塚山学院大学×オリックス・バファローズ コラボプロジェクト2019」 が進行中です!

2019/08/19

本学食物栄養学科では2013年より、プロ野球球団オリックス・バファローズの選手寮の食堂メニューを学生が開発するプロジェクトを行っています。
 
今年は、「アグレッシブに個別指導!バファローズ寮めし」というテーマで、若手選手が持つ個人課題の解決に向けて、食事・栄養の面からサポートするという内容です。
 
学生たちはまず5つのグループに分かれて、自分たちのグループで担当する選手がどのような課題を抱えているのかを把握するために、ヒアリングを行いました。そのヒアリング内容をもとに、「増量」や「体脂肪の減少」など、その選手の課題に合わせたメニューの考案に取り組みました。

考案時には、必要なエネルギー量やたんぱく質量、PFC比などの栄養価計算を行うとともに、その選手の嗜好や食習慣なども考慮しました。さらに、選手のことを深く知るために、選手が出場する試合を見に行き、プレーする姿をみながら、メニューのイメージを作り上げていきました。

 

オリックス・バファローズの管理栄養士 河南こころ様から貴重なアドバイスも頂きながら、試作を重ね、メニューを完成させました。

 

そして、河南様や広報の方を本学にお招きして試食会を開催し、各グループの学生たちがメニューのコンセプトや工夫した点などをプレゼンした後に試食して頂き、実際に選手寮の食堂で提供されるメニューが決定しました!