大学概要

学長からのメッセージ

自ら学び、習得する精神

   2014年オックスフォード大学准教授が、10年後には今ある職業の半分は消滅するという論文を発表し話題になりました。科学・文明の進歩により人間にしかできない仕事が減っていくのでしょう。すぐに役立つ学問のみならず、いつまでも役に立つ学問を身につけて、新しい学問や新しい仕事に適応できる能力を高めていかなければなりません。必要なのは基礎学力です。本学ではしっかりした基礎学力の上にたって、それぞれの専門の学問を学べる体制をとっています。

   一方、大学は社会の一員として、その時代に応じた社会の要請に応えなければなりません。昨今、大学に求められているキーワードの一つはグローバル化です。グローバル化といってもさまざまな側面がありますが、私はグローバル化とは、多様性を理解し受け入れていくことと考えています。この力を養ってほしいと願っています。大学は、高校時代にまして、さまざまな考えを持つ友人や教員と出会う場です。教室で、クラブ活動で、地域の活動で、自分をひろげる場所が待っています。

   本学は信頼される大学をめざします。在学生や保護者の方々からはもちろん、高校生、企業、地域のみなさまから信頼されて、大学も成長すると考えています。20歳前後という青春真っ只中の4年間を私たちと一緒に過ごしてみませんか。4年後に、大好きな母校と胸をはって卒業していただけるよう、教職員一同努めます。

帝塚山学院大学 学長 津田 謹輔