大学概要

学長からのメッセージ

自ら学び、習得する精神

 本学は建学の精神である、「力の教育」「自学自習」を踏まえ、小粒でもキラリと光る大学をめざします。開学55周年の2021年に、「学びの力」の結集を目的に、キャンパスを泉ヶ丘キャンパスに統合します。教育の質の向上と居心地のよい快適な新キャンパスの実現にむけて準備を進めています。
 
 1~2回生で、国語、英語、ICTなどの基礎学力をつけていただく新しいカリキュラムが始まりました。しっかりした基礎学力の上に立って、それぞれの専門分野を学んでいただきます。また少人数教育を徹底します。入学から卒業まで一人一人についているアドバイザーが、学業はもとより大学生活、就職まで責任をもって担当します。みなさんは、これまで多くの先生から多くの知識を学んできたと思います。先生から学ぶことは大変効率の良いシステムなのです。みなさんはそれを疑うことなく受け入れてきたことと思います。また答えがある問題を解きながら過ごしてきたと思います。大学でも同じような勉強は必要です。しかしそれだけでは不十分です。知識があるだけでは人工知能の進歩により淘汰されてしまいます。学びから学問へ。自分で問題を見つけ出し、「答えのない問い」を問う力を身につけて欲しい。問うことを学ぶと書いて学問。こう私は考えています。
 
 本学は信頼される大学をめざしています。在学生や保護者の方々からはもちろんのこと、高校生や企業、地域のみなさまから信頼されて、大学も成長すると考えています。そのために社会連携機構を設置し、自治体や企業と協働して多くの実績をあげています。最後に、食事は健康な体と学びにとても大切です。本学の学生食堂は大学直営として、食物栄養学科の教員、学生で運営しています。学生の実習施設としても運用しています。是非一度食べに来て下さい。20歳前後の青春まっただ中の4年間を私たちと一緒に過ごしてみませんか。4年後に、大好きな母校と胸を張って卒業していただけるよう、教職員一同努めていきます。

帝塚山学院大学 学長 津田 謹輔