大学概要

学長からのメッセージ

自ら学び、習得する精神

 本学は建学の精神である、「力の教育」「自学自習」を踏まえ、小粒でもキラリと光る大学をめざします。2016年帝塚山学院は創設100周年、帝塚山学院大学は開学50周年の節目の年でした。2017年は次の50年に向けて新しい第一歩を踏み出す年になります。新生帝塚山学院大学です。
 
 まず1~2回生で、国語、英語、ICTなどの基礎学力をつけていただく新しいカリキュラムが始まります。しっかりした基礎学力の上に立って、それぞれの専門分野を学んでいただきます。みなさんは、これまで多くの先生から多くの知識を学んできたと思います。先生から学ぶことは大変効率の良いシステムなのです。みなさんはそれを疑うことなく受け入れてきたことと思います。また答えがある問題を解きながら過ごしてきたと思います。大学でも同じような勉強は必要です。先生方から効率よく知識を授かってください。しかしそれだけでは不十分です。学びから学問へ。自分で問題を見つけ出し、あるかないか分からない答えを探す積極的な勉学を期待しています。問うことを学ぶ、これが学問であると私は思っています。
 
 本学は信頼される大学をめざしています。在学生や保護者の方々からはもちろんのこと、高校生や企業、地域のみなさまから信頼されて、大学も成長すると考えています。最後に食事は、健康な体と学びにとっても大切です。食堂が大学直営になります。食物栄養学科の教員、学生がつくる食事に期待してください。20歳前後の青春まっただ中の4年間を私たちと一緒に過ごしてみませんか。4年後に、大好きな母校と胸を張って卒業していただけるよう、教職員一同努めます。

帝塚山学院大学 学長 津田 謹輔