大学概要

建学の精神・校歌

建学の精神及び教育の使命・目的

「力の教育」と自学自習教育

初代学院長 庄野 貞一

帝塚山学院は、大正5(1916)年の建学以来、「力の教育」、すなわち、意志の力、情の力、知の力、躯幹の力を含む全人教育を以って有為な人材を社会に送り出すことを建学の精神としてきました。

帝塚山学院大学は、この建学の精神のもと、豊かな教養を身につけ、自学自習の教育によって求知心を育み、社会に貢献することができる品性高い人材を育成することを教育の使命・目的としています。

帝塚山学院大学は、

  • 本学教育に自らの将来の生き方に役立つものを見出そうとする意気込みを持つ者
  • 豊かな人間性の獲得をめざし、自己形成の努力のできる者
  • 社会的貢献と関連づけ、自己の職業意識を育てようとする者

を求めています。

ページの先頭に戻る

帝塚山学院大学校歌「若き空」

帝塚山学院大学校歌「若き空」
  • 楽譜ダウンロード
  • 再生

ページの先頭に戻る