学生生活・支援

こんな時は迷わず相談

保健室・栄養相談室

保健室

保健室では、健康診断や応急処置をはじめ、健康に関する相談などに応じています。健やかなキャンパスライフを過ごすためにも気になることがあれば、気軽にたずねてください。

学校保健安全法に定める学校感染症による欠席について

学校感染症による欠席の場合、欠席日数にかかわらず、「医師の診断書」 または「学校指定の証明書」(学校感染症治癒証明書)を添えてその旨を申し出てください。(通常の欠席とは別に出席と同等の扱いになります 。)

健康診断

自分の健康は自分自身で守る時代。 健康診断を受ける事からセルフケアが始まります。

毎年4月~6月にかけて実施する下記項目以外に、血圧測定や視力・身長・体重測定も皆さんの空き時間を利用して行います。

早期発見できること
胸部X線撮影 結核、その他の胸部疾患
内科検診 心臓の異常(心雑音)、甲状腺腫等
心臓検診 運動部員の心臓機能の異常

応急処置

大学内で発生しやすいケース
転倒による切創(切り傷)・擦過傷(すり傷)
  • 1.傷口が汚れているので水できれいに洗う。
  • 2.血を止める。傷口 を高くしてガーゼやタオルで押さえる。
  • 3.消毒をする。
  • 4.滅菌ガーゼをあて、包帯をややきつめに巻く。
転倒による捻挫・打撲

捻挫した時の手当ての基本は「RICE療法」

  • 1.R(REST 安静)…動かさないようにしてそっとしておきます。
  • 2.I(ICE 冷却)…氷等使って冷やし、腫れや痛みを和らげます。
  • 3.C(COMPRESSION 圧迫)…弾性包帯等を使って圧迫固定します。
  • 4.E(ELEVATION 挙上)…心臓より高くし、内出血を防ぎます。

※捻挫や打撲は一生のうち何度も起こる可能性がある怪我ですので、この機会に体験学習しておきましょう。

「熱いスープが手にかかった」
  • 1.先ず冷たい水で冷やします。
  • 2.きれいなガーゼを軽く当てて、ヤケドの部分を守ります。
  • 3.できた水疱(水ぶくれ)は破らない事。
  • 4.いずれも重症の場合は医療機関へ車で搬送しますが、病院へ行く迄の初めの処置が大切です。

本学に於ける保険の取り扱いについて

大学生活4年間のうちには、どのような不測の事態が生じるかもしれません。本学では、学生が安心して、勉学はもとより課外活動にうちこむことができるように、あらゆる配慮をほどこしています。

栄養相談室

栄養相談室では、学校生活を充実させるため、食生活の諸問題について担当教員が専門的な立場から相談に応じ、助言を行っています。
(予約制)

申込方法 泉ヶ丘キャンパス3階調理準備室で前日までに予約をしてください。
担当 食物栄養学科教員
ページの先頭に戻る

学生相談室

大学生活をスタートさせて、高校時代とは全く違った環境になることで、戸惑いや不安をおぼえることがあるかもしれません。そんな時には、学内に設けられた学生相談室へ気軽に相談してください。

例えば、こんな時に

大学に入学したけれど…
  • なんとなく雰囲気が合わない
  • 大学に来る気がしない
  • 何をしたら良いか分からない
  • ゆううつな気持ちが続く
  • 将来どうしたらよいかわからない
人間関係のことで…
  • 友達とうまくつきあえない
  • 一人でどうしたらよいかわからない
  • 家族のことで悩んでいる
学業のことで悩んでる…
  • 科目履修のこと
  • 授業のこと
  • 他の大学への転学や退学のこと

相談室には面接室とサポートルームがあります。

面接室 カウンセラーと1対1で相談できます。個人秘密は固く守ります。
サポートルーム 自分の時間をゆっくりと過ごしたり、学生同士おしゃべりをしたり、リラックスして過ごせます。また仲間つくりをしたい人のためにピア・サポート“よろず”を開催しています。

気軽にドアをノックしてください。

相談したい時は

狭山キャンバス 泉ヶ丘キャンパス
場所 B棟1階 保健室となり 場所 本館2階 ロッカールーム奥
受付時間 9:30~16:00 受付時間 9:30~16:00
電話 072-365-8276(内線 188) 電話 072-296-1334(内線 375)

相談の申し込み は、保健室でも受け付けています。
電話で相談を申し込まれてもかまいません。
相談内容の秘密はかたく守られます。

ページの先頭に戻る

セクシャルハラスメントについて

セクシュアル・ハラスメントは人権問題です。 帝塚山学院大学を構成するすべての人が、自律した個人として尊重され、快適な環境で学び、研究し、働いていけるよう正しく理解し行動しましょう。

セクシュアル・ハラスメントとは

学習・研究・課題活動・就労の場において、他人を不快にさせる性的な言動を指します。本人がどういうつもりであるかは問題ありません。相手の人格を尊重し、相手の立場に立って考え行動するという人間関係の基本ルールが守られていれば、起きないことなのです。

こんな言動がセクシュアル・ハラスメントになる可能性があります

  • 性的経験や異性関係について、不必要に質問する
  • 肩・髪・手・腰・胸などに不必要に触る
  • コンパでお酌を強要したり、カラオケでデュエットを強要したりする
  • 聞くに耐えない卑猥な内容の発言をする
  • 体を執拗に眺め回したり、身体的特徴を話題にする
  • 「女性は勉強できなくていい」「女性は職場の花であればいい」「女性は就職しなくていい」などと発言する
  • 食事やデートに執拗に誘う
  • 「男のくせに……」「女は……」などと言う
セクシュアル・ハラスメントは男性から女性に対しての問題なのですか?
そうではありません。女性から男性の場合、あるいは同性間でも問題になります。 また、教員と学生の間だけでなく、職員と学生、同級生間、上級生と下級生の間でも問題になります。
もし、あなたがセクシュアル・ハラスメントにあったら……
No!と言えないことで自分を責めたり、ひとりで思い悩んだりする必要はありません。 あなたが信頼できる人や、相談員に相談しましょう。

相談窓口

セクシュアル・ハラスメントの相談窓口となるのは、狭山・泉ヶ丘両キャンパスに配置されている相談窓口相談員です。あなたに信頼できる教職員がいるなら、その人に相談してもいいでしょう。直接相談しにくいなら電話やメールでもかまいません。相談は他の人から見られたり聞かれたりしない場所で行います。あなたのプライバシーは守られます。安心してください。どの相談員も真剣にあなたの話に耳を傾け、助言します。

これは大丈夫?
Q.相談したことがわかると、仕返しされるのではと不安です。
A.プライバシー厳守のもと、相談や救済を求めたことで仕返し(二次的被害)を受けることがないようにあなたは守られています。帝塚山学院大学はあなたが快適な環境で学び、研究できるように迅速に細やかに対応します。
Q.1年前の被害について相談してもいいですか?
A.今、あなたと同じ被害に遭っている仲間がいるかもしれません。あなたが相談することで救われる人がいるかもしれないのです。「済んでしまったこと」と思わずに、相談しましょう。
相談後は・・・

相談員が問題解決のヒントを与えてくれる場合もありますが、場合によってはセクシュアル・ハラスメント問題解決委員会が問題解決にあたることがあります。事実関係の調査が必要になった時は、セクシュアル・ハラスメント事実調査委員会という中立な立場の委員会が調査を行います。関係者のプライバシー・人権等は厳重に守られます。この調査結果は、セクシュアル・ハラスメント問題委員会を通じて学長に報告され、必要に応じて適切な処置がなされます。

もし、あなたがセクシュアル・ハラスメントで悩んでいるなら… ひとりで悩まないで! 相談員に相談してください。

各部局に相談員を複数配置しています。相談員については学内掲示でお知らせします。
お問い合わせは事務局・学生生活課まで

ページの先頭に戻る