学部・大学院

入試情報サイト

人間科学部/食物栄養学科[健康実践栄養士課程]

栄養士の知識をベースに、予防医学の視点から人々の健康を支える。

POINT1

食や運動に関する資格取得をめざす
栄養士の資格取得を必須とし、その他に栄養教諭や健康運動実践指導者、健康運動指導士、フードスペシャリスト、保育士などの資格取得もめざします。ダブルライセンスにより、栄養士としての仕事に付加価値をつけるねらいです。

POINT2

商品開発などのプロジェクトが充実
企業や自治体からの依頼で、オリジナルレシピや商品の開発に取り組む「コラボレーションプロジェクト」。授業で学んだ知識を活かした開発で学びを社会へ還元できる力を身につけます。

POINT3

情報処理や語学のスキルアップなど幅広い学び
グローバル化や情報化が進む現代社会で活躍できる栄養士となるために、食と栄養、運動の専門知識はもちろん、語学や情報処理に関するスキルも幅広く身につけます。

POINT4

学科の特色に合わせた就職サポートを実施
本課程の学生を対象に、独自の就職特別講座を開催しています。企業から採用担当者を招き、食品業界の最新状況や企業研究のポイントなどを聞ける機会も用意。課程の特色や学生の状況に応じたサポートを展開していきます。

学びの分野

栄養士関連科目

健康で豊かに暮らすために予防医学の考えをベースに、人体の構造と機能、食品と衛生、栄養と健康、栄養の指導、給食の運営について学びます。

健康運動指導士関連科目

メタボリック症候群や運動不足による生活習慣病が問題となっています。医学的基礎知識、運動生理学、運動指導の知識と技能を持ち、運動プログラムに基づいて、実践指導を行うことができるようにライフステージにあわせた運動方法を学びます。

栄養教諭関連科目

子どもたちが将来にわたって健康に生活できるように、「食に関する望ましい習慣や自己管理能力」を身につけるための食育について学び、演習、実習も行います。

フードビジネス関連科目

商品企画、マーケティング論、フードビジネス論などを学び、食品の商品開発、マーケティングについて企業と連携し、商品開発や外食産業のメニュー開発に取り組みます。

世界の料理と食文化

外国人によるその国の料理の実習を行い、食文化への理解を深め、食生活を豊かにします。

日常の医学

予防医学、運動栄養学、健康運動療法、医食同源について学び、心身の両面から健康な生活を送る方法を学びます。

ページの先頭に戻る

4年間の学び

「食習慣」と「運動習慣」による予防医学をベースに、実践的な専門知識と技能を学ぶ。

栄養士の資格に加え、2つ以上の資格取得をめざします。
栄養・調理・運動の分野で社会貢献できる人材に。

ページの先頭に戻る

取得可能な資格

  • 栄養士
  • 栄養教諭二種免許状
  • フードスペシャリスト受験資格
  • 専門フードスペシャリスト(食品開発)受験資格
  • 専門フードスペシャリスト(食品流通・サービス)受験資格
  • 健康運動実践指導者受験資格
  • 健康運動指導士受験資格
  • レクリエーション・インストラクター
  • スポーツリーダー
  • 社会福祉主事任用資格
  • 社会教育主事任用資格
  • 保育士

※ 保育士試験を受験して資格取得をめざします。

ページの先頭に戻る