学部・大学院

人間科学専攻(修士課程)

  • 健康科学コース
  • メディア・言語文化コース
  • 奨学金制度・スカラシップ制度

人間科学専攻(修士課程)は、健康科学コース及びメディア・言語文化コースで活躍できる実践的応用力を身につけたリーダーを育成することを教育目標とし、次のようにアドミッションポリシーを明示し、入学者選抜を行なっています。

健康科学コース

  • ①幅広い視野をもつ判断力と応用力を備え、探究心があること
  • ②人間の健康的な生活を追求し、食物・栄養・運動・心理を知識と技術を生かして心とからだの健康づくりについて関心があること

メディア・言語文化コース

  • ①幅広い視野をもつ判断力と応用力を備え、探究心があること
  • ②人間の健康的な生活を追求し、人間と文化の関係を研究し、新しい文化の創造を目指すこと

健康科学コース

食物・栄養・運動・心理の知識・技術を活かしてて心と身体の健康づくりについて研究・実践します。

食・心と健康に関する研究を基盤とし、人類の求める健康・長寿社会を探究します。すなわち、心身の相互作用を広く研究しつつ、食生活や運動といった生活習慣と健康との関連、社会・環境と健康との関連、傷病者の栄養管理など、現代社会における人間の健康的な生活を追究します。

カリキュラム編成

人間科学概論 食品科学特論 公衆栄養学特論
応用栄養学特論 食品保健・機能学特論 栄養生化学特論
給食経営管理学特論 臨床栄養学特論 病態医学特論
栄養教育特論 食生活経済学特論 健康運動学特論
応用栄養学演習 公衆栄養学演習 食品保健・機能学演習
臨床栄養学演習 研究指導 社会心理学特論
生涯発達学特論 人格心理学特論 認知心理学特論
心理統計法特論 学校栄養教育特論 学校栄養食事指導論
学校栄養食事指導演習

将来活躍できるフィールド

  • 管理栄養士資格に加え、より高度な知識を身につけて、病院や保健・福祉施設の職員など。
  • 栄養教諭専修免許を取得して、栄養教諭として活躍する。
  • 大学や専門機関で食物・栄養に関する教育・研究に携わる。
  • 健康増進関連企業の専門職や企業、自治体の職員など。

教員情報

役 職 氏 名 担当科目
教 授 小川 博 食品保健・機能学特論
食品保健・機能学演習
教 授 福田 ひとみ 人間科学概論
応用栄養学特論
応用栄養学演習
教 授 田中 俊治 給食経営管理学特論
教 授 桂田 昭彦 栄養生化学特論
教 授 細川 雅也 臨床栄養学特論
臨床栄養学演習
病態医学特論
教 授 宮武 和孝 食品科学特論
教 授 津田 謹輔 公衆栄養学特論
公衆栄養学演習
教 授 室住 眞麻子 食生活経済学特論
教 授 中野 秀男 情報ネットワーク特論
メディア文化社会特論
教授 高橋 参吉 生活社会実習
教授 谷川 賀苗 社会心理学特論
ページの先頭に戻る

メディア・言語文化コース

人間と文化の関係を専門的に研究し新しい文化の創造をめざします。

言語や文学や日常会話など多様な文化現象を素材に、人間と文化の関わりを研究します。現代の人間生活に対する心理学的視点を踏まえ、最新の表現方法と新しい文化の関係や地域文化を研究することにより、グローバルな立場で活躍できる能力を養います。

カリキュラム編成

人間科学概論 情報ネットワーク特論 メディア文化社会特論
社会コミュニケーション特論Ⅰ 社会コミュニケーション特論Ⅱ 組織行動学特論
映像文化特論 ジャーナリズムと社会 日本文化研究
中国文化研究 フランス文化研究 ドイツ文化研究
アメリカ文化研究 社会心理学特論 生涯発達学特論
健康運動学特論 人格心理学特論 認知心理学特論
心理統計法特論 地域文化演習 生活社会実習
研究指導    

将来活躍できるフィールド

  • 情報メディアに関する知識や情報処理の技術を活かして、民間・公共の事業組織、調査研究機関等の専門職として活躍する。
  • メディアや、言語文化の研究の成果を活かして、大学や専門機関で教育・研究に携わる。
  • メディアや、言語文化の研究の成果を活かして、自治体等の文化関係職員など。
ページの先頭に戻る

奨学金制度・スカラシップ制度

日本学生支援機構

優秀な学生で、経済的事情のある人へ学資を貸与する日本学生支援機構。国家と社会に有為な人材の育成と教育の機会均等に寄与することを目的としています。

金額 第1種 5万円・8.8万円
第2種 5万円・8万円・10万円・13万円・15万円
貸与期間 在学する学校の最短修業年限の終期まで
対象者及び条件 など 人物・学業とも優秀かつ健康であって、経済的理由により学費の支弁が困難であると認められる者。
小野奨学会

公益財団法人小野奨学会が行っている、民間の奨学金制度です。

金額 月額6万円
給付期間 在学する学校の最短修業年限の終期まで
対象者及び条件 など 40歳未満(4月1日現在)。大学院1年次で学業成績に優れ、健康で向上心のある者。同奨学会が定めた成績基準・家計基準を満たす者。
臨床心理学専攻の1年次生のみが対象となります。

※平成28年度の募集はありません。

ドミトリースカラシップ

遠方からの入学者のための家賃援助制度です。大阪府以外の遠隔地で本学指定宿舎に居住する学生に、年間10万円の援助制度を設けています

募集時期 毎年4月
金額 年額:10万円(1年間・更新可能)
交付期間 1年間
対象者及び条件 など 1~2回生。自宅が大阪府以外の遠隔地であること。本学指定の宿舎に居住する者。
留学スカラシップ

海外に留学する学生のための支援制度です。協定校への交換留学生、国際交流基金による留学生を対象としたプログラムがあります。

募集時期 海外に留学する学生のための支援制度です。協定校への交換留学生、国際交流基金による留学生を対象としたプログラムがあります。
金額 プログラムにより異なります
交付期間 当該年度
対象者及び条件 など 留学を希望する者で、試験や一定の審査に合格したもの。
ページの先頭に戻る

入試情報

募集人数や試験日程、出願手続きなどの情報はこちらからご覧ください。