学部・大学院

教員紹介

一覧に戻る

氏原 寛 教授

氏原 寛 教授

最終学歴 京都大学文学部卒業
大阪市立大学大学院生活科学研究科卒業
学位 学術博士
現職 人間科学研究科 臨床心理学専攻 教授
専門分野 臨床心理面接学演習Ⅰ・Ⅱ、総合的事例研究演習Ⅰ・Ⅱ
担当科目 教育心理学、臨床心理学

教育内容

臨床心理面接学演習ではロールプレイを行う。2人一組で15分のカウンセリングを行い、その記録を全員で聞いて討論する。実習前の予備訓練である。総合的事例研究では、心理教育相談センターで学生の行った実際のカウンセリングについて全教員・全学生が出席し、2時間半の討論を行う。

研究領域

カウンセリング、心理アセスメントとしてロールシャッハテスト

主たる業績

【著書】

  • 「ユングを読む」(平成11年 ミネルヴァ書房)
  • 「カウンセリング実践史」(平成21年 誠信書房)
  • 「心とは何か:カウンセリングと他ならぬ自分」(平成24年 創元社)
  • 「カウンセリングは専門職である」(平成26年 人文書院) 他

【訳書】

  • 「C.A.マイヤー:意識-ユング心理学における意識形成-」(単著 平成8年2月 創元社) 他

学会・社会活動

【所属学会】

日本ロールシャッハ学会、日本心理臨床学会、日本箱庭療法学会

学生・受験生へのメッセージ

折角、大学院まで来たのだから、まあ、本気で頑張って下さい。そうなれば、ある程度の心理臨床家らしい雰囲気が身につくかもしれません。

一覧に戻る
ページの先頭に戻る