リベラルアーツ学科食物栄養学科

ニュース・イベント

  • 学びのポイント
  • 概要
  • 資格・キャリア
  • カリキュラム
  • Pick Up授業
  • 教員紹介

学びのポイント

  • Point 1

    充実した学習内容で
    即戦力となる管理栄養士を育成

    「管理栄養士課程」では、健康の維持・増進や疾病の予防・改善と食事との関係性を専門的に学びます。目標は、管理栄養士国家試験の合格。病院や学校、福祉施設、保健所などでの実習を通し、実社会で役立つ実践力を身につけます。

  • Point 2

    「ダブルライセンス」と
    多彩な社会活動で幅広く活躍

    「健康実践栄養士課程」では、栄養士に加え健康運動指導士、保育士、フードスペシャリストなど+αの資格取得をめざします。また、企業や自治体からの依頼でレシピや商品の開発に取り組むプロジェクトでは、学びを社会に還元する応用力を伸ばします。

  • Point 3

    人々の健康を
    多方面からサポートする人材に

    栄養士・管理栄養士としての知識を身につけるだけでなく、他にはない「付加価値のある栄養士・管理栄養士」をめざします。運動や保育、商品開発など多くのスキルを身につける実践的な教育で、個々の状況に対応できる適応力を育みます。

概要

なぜ今、食物栄養学科?

超高齢社会や生活習慣病の増加を背景に、国は医療費を削減する施策を行っています。その一つの方策が予防医学です。予防医学とは、健康的な習慣を心がけ、病気の発症を抑えようという考え方です。これを実践するために、適切な食生活を指導できる管理栄養士や栄養士は、ますます需要が大きくなっているのです。
本学科には、それぞれの適性に応じた2種類の課程があります。「管理栄養士課程」では、個々の健康状態を把握し、疾病を持つ人にも栄養指導できる管理栄養士の資格取得をめざします。活躍の場は病院や特別養護老人ホームなどのほか、最近では薬局にまで広がりをみせています。
「健康実践栄養士課程」では、栄養士に加え、健康運動指導士や保育士など複数の資格取得をめざします。取得した資格を活かし、他にはいない人材として保育園や食品企業などで活躍します。
近年、厚生労働省の方針により、栄養指導のできる豊富な知識を備えた人材の雇用が推奨されており、各方面で管理栄養士・栄養士のニーズが高まっています。正しい食生活はQOL(人生の質)を向上させます。人々の健康づくりに貢献することで、自分を含む社会を幸福にすることができます。

  • Academic Program

    資格取得に向けた学びに加え、
    レシピや商品の開発にも挑戦。

    管理栄養士や保育士、健康運動指導士などの資格取得を目標とした対策講座が充実しています。筆記試験だけでなく実技試験の対策も行っているため、高い合格率をあげています。また、企業や自治体と協働したプロジェクトに挑戦することで、発想力やプレゼンテーション能力、チーム力をのばします。

  • Future

    相手への思いやりをもって
    食事指導を行える人材に。

    食を通して人を幸せにする「食の伝道“志”」を輩出することが学科のミッション。専門知識を備えていることはもちろん、優しさと礼儀をもって目の前の相手に寄り添える思いやりを育てます。また、多彩な資格の取得を通じて、高い付加価値を備えた人材として社会で活躍する力を身につけます。

資格・キャリア

  • 取得可能な資格

      • 管理栄養士国家試験受験資格
      • 食品衛生管理者および食品衛生監視員任用資格
      • 健康運動実践指導者受験資格
      • 健康運動指導士受験資格
      • スポーツリーダー
      • レクリエーション・インストラクター
      • 社会教育主事任用資格
      • 社会福祉主事任用資格
      • 栄養士
      • 栄養教諭一種免許状※1
      • 栄養教諭二種免許状
      • 保育士
      • フードスペシャリスト受験資格
      • 専門フードスペシャリスト(食品開発)受験資格
      • 専門フードスペシャリスト(食品流通・サービス)
    • ※1 申請中。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。
  • 活躍のフィールド

      • 病院
      • 小・中学校
      • 保健所
      • 介護福祉施設
      • 幼稚園・保育園
      • 外食産業
      • 給食会社
      • スポーツ施設
      • 検疫所
      • 食品会社
      • 薬局

おもな就職先

    • (医)阪南医療福祉センター 阪南中央病院
    • (医)聖志会 渡辺病院
    • (医)恵泉会 堺温心会病院
    • (医)康生会 泉佐野優人会病院
    • (医)樫本会 樫本病院
    • (医)友紘会 奈良友紘会病院
    • 日清医療食品(株)
    • エームサービスジャパン(株)
    • (株)サンドラッグ
    • (株)スギ薬局
    • (学)鴨谷学園 美木多幼稚園
    • (福)夢の樹 幼保連携型認定こども園ろばのこ保育園
    • シノブフーズ(株)
    • カネテツデリカフーズ(株)
    • ニコニコのり(株)
    • (株)ゼンショーホールディングス
    • (株)トリドールホールディングス
    • SRSホールディングス(株)
    • (株)グルメ杵屋
    • (株)東横イン
    • (株)近鉄百貨店
    • イズミヤ(株)
    • (株)紀陽銀行
    • (株)はっけん(カーブス)

カリキュラム

管理栄養士課程

  • 1回生
    前期は化学や生物、英語など専門科目の基礎となる科目を習得します。後期からは徐々に専門基礎分野科目がスタート。人体について医学系の知識を学びながら、管理栄養士としての素地を整えていきます。卒業生を招き、キャリアデザインを考え始める機会も設けています。
  • 2回生
    専門分野科目が増え、学びの専門性がアップ。それぞれの授業で、国家試験対策を意識した指導が始まります。関連科目として他学科の授業も履修でき、卒業後にさまざまな場面で活躍するための素養を身につけることができます。
  • 3回生
    学内での実習を踏まえ、病院や学校、保健センターなどで管理栄養士の実務を体験する臨地実習が始まります。現場で働く管理栄養士の姿から、自身の将来のイメージを喚起。また、就職をみすえて、より実践的な授業を行います。
  • 4回生
    2週間の病院実習に加え、各学生の関心に応じた施設での実習を行います。志望する就職先での実習を通じ、自身の適性を見極めます。また、国家試験対策講座や模擬テスト、個別指導を通して、3月初めの国家試験に合格して管理栄養士資格を取得します。

横にスクロールすると表の続きをご覧いただけます。


国家試験対策

学科の教員が一丸となってサポート

iPadを利用した試験対策や長期休暇中の勉強会など、管理栄養士国家試験合格に向けたサポート体制を整えています。
早期から徹底した対策を図ることで、受験者率や合格率において高い実績を残しています。
過去5年間の合格率は、全国的に見てもトップレベルの実績です。

就職実績

高い就職実績に加え、卒業生の多くが資格を活かした就職をしています。
2017年3月卒業生は、約60%が管理栄養士や栄養士として就職しています。
その他の就職でも、本学での学びを活かし、さまざまな分野で活躍しています。

健康実践栄養士課程

  • 1回生
    栄養士資格取得に向けた学びをスタート。人体の構造など医学的な知識も身につけます。また、ダブルライセンスの取得に向けて自身の関心を探ります。保育士を志す学生には、個別指導や現場体験を行う保育士国家試験受験対策をスタートし、資格取得をバックアップします。
  • 2回生
    専門分野学習が増え、栄養士関連科目だけでなく、健康運動やフードビジネス、情報処理の科目などを通じ、幅広い知識と技能を習得。語学のスキルアップもめざします。保育士資格取得をめざし、個別指導や現場体験を行います。
  • 3回生
    専門家から技術を学ぶ調理学実習(応用)やフードビジネス関連科目など特徴的な授業で、専門性をより高めていきます。健康運動実践指導者取得に向けた対策講座などの科目も増えます。
  • 4回生
    プロジェクトでの商品開発など、各学生がテーマに応じて卒業研究を行います。健康運動指導士や専門フードスペシャリストなど、取得者の少ない上級資格にチャレンジします。管理栄養士をめざす学生には、大学院への進学をおすすめします。

横にスクロールすると表の続きをご覧いただけます。


ダブルライセンス

栄養士+αのスキルを身につける

栄養士資格に加え、進路や関心に応じた資格を同時に複数取得することができます。
MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)試験や商品開発実績など、それぞれの学生にあったスキルアップが可能です。

就職実績

特別支援プログラムを実施し、企業の採用担当者から食品業界の最新状況や企業研究のポイントなどを聞ける機会を用意。
このプログラムを通して、就職活動に必要な能力を身につけ、就職に対する意識を高めます。

Pick Up授業

  • 解剖生理学

    管理栄養士、栄養士は、「食・栄養」と「健康・疾病」についての専門家です。そのため、人体の構造や機能に関する知識は必要不可欠です。消化器系、呼吸器系、循環器系といった各器官の構造と機能について学び、人の「からだ」の成り立ちを理解します。

  • 公衆衛生学

    公衆衛生とは、住民の健康増進や疾病予防のために、公私の機関によって行われる衛生活動です。科学的根拠に基づいた公衆衛生活動の意義を勘案し、健康の概念、環境問題、保健統計、疫学の考え方と手法について学びます。

  • 食品学

    他の専門科目と関連性が深い重要科目で、生命維持に欠かせない食品の定義を理解し、基礎的知識を習得します。また、食品に含まれる成分の特性、栄養的機能性、嗜好性や生産から消費までの過程における品質管理と評価などについて理解を深めます。

  • 調理学

    健康な生活を送るために、食べることの大切さを理解し、栄養面、安全面、嗜好面の各特性を高める調理操作を学びます。管理栄養士、栄養士として活躍するにあたり、正しい調理観や食事観など、食に関する幅広い知識を身につけます。

  • 栄養教育論

    対象者の健康や生活の質(QOL)の向上につながる主体的な食行動変容の支援に必要な、栄養教育の理論と方法について学びます。また、ライフステージやライフスタイルに応じた栄養教育、食環境づくりについて理解を深めます。

  • 給食経営管理論

    給食運営や関連資源(食品流通や食品開発の状況、給食に関わる組織や経費など)を総合的に学習し、栄養面、安全面、経済面全般のマネジメントを行える能力を身につけます。さらに、マーケティングの原理や応用法、組織管理についても理解を深めます。

MORE
  • 給食経営管理論実習

    病院や学校など大量調理施設での給食運営を調理実習室で実践します。HACCPという食品衛生管理手法を取り入れた安全管理を学び、給与栄養目標の算出、献立計画から始まる大量調理を体験します。自らの役割を認識し仲間と協調できる力も習得します。

  • 病理学

    生活習慣病や栄養疾患、感染症といった疾病は、どんな原因で起こり、どんな変化を生じ、どのように推移するかなど、病変や疾病の本質を理解します。さらに、臨床検査データの評価法、診断や治療について理解し、臨床現場で必要な知識を身につけます。

  • 運動生理学

    運動時のからだのメカニズムを理解し、スポーツ実施時における最高遂行能力、耐久性、適応性や健康づくりの運動について学びます。また、健康寿命の延伸を図るには、栄養・休養と同様に、運動がいかに重要な役割を果たしているのかを理解します。

  • 生化学実験

    生化学における基本的な実験方法や機器・器具の使い方を理解し、タンパク質など人体を構成する生体成分の性質について実験します。さらに、実験結果を正確に読み取り、グラフの作成や数値の統計処理を行える力を養います。

  • 栄養アセスメント

    栄養アセスメントは、対象者の食生活状態や栄養素摂取状況などの情報を基に栄養状態を科学的に評価することで、栄養に関する問題点を明解にすることです。本授業では、栄養マネジメントを行うための栄養管理方法の作成・実施・評価について学びます。

  • 保育総論

    保育の対象となる子供の発達過程や、生活や遊びを通した学びの過程を理解した上で、胎児期から老年期までの生涯発達について学びます。また、子どもを取り巻く保育上の環境や課題について理解し、問題意識を身につけます。

  • 調理学実習(応用)

    各分野の調理専門家から専門的な技術を学び、日常の献立から四季折々の行事食まで幅広い調理を実習します。また、さまざまな国の料理や食文化、マナーを学ぶことでメニュー開発・商品開発につながる知識を身につけ、社会で活躍できる実践力を養います。

  • フードビジネス論

    食料の生産から消費にいたる全体の流れを解説し、食に関わるビジネスについて理解を深めます。社会情勢や経済状況の変化に伴い、消費者ニーズが多様化する中で、どのようにフードビジネスが展開されているか、具体例を用いて解説します。

  • 運動療法

    運動療法とは、身体全体または一部を動かせることで、症状の軽減や機能の回復をめざす療法です。健康運動指導士や健康運動実践指導者として、対象の特徴をよく捉え、効果的で安全な運動療法を実施するための知識を習得します。

教員紹介

  • 津田 謹輔教授・学長

    内科医/予防医学/疾病論

    「ここに来て本当に良かった!」と思ってもらえるような大学づくりをしていきます。また、食事や運動は健康の基本です。健康な心身の維持・増進に必要な知識を一緒に学びましょう。

  • 阿部 一博教授

    食品学/食文化論/フードビジネス論

    基礎科目や学んだ知識を応用する国外・国内の食文化論、食品の流通や食ビジネスに関する科目など、幅広い授業を担当しています。さまざまな知識を蓄えて社会の食分野で活躍してください。

  • 池田 高紀専任講師

    管理栄養士/公衆衛生学/食品衛生学

    食品衛生学や公衆衛生学など、食の安全や食・環境と健康との関わりについて担当しています。また、なにわ特産野菜(大阪府指定の農産物の名称)や南米のハーブなどの食品機能性 (腸内環境改善作用など)ついて研究しています。

  • 小川 博教授

    薬剤師/公衆衛生学/食品衛生学

    食べ物の良さ、すなわち食品の機能性を知ることは、健康の維持・増進だけでなく病気の予防にも大切なことです。日常摂取する食品は健康を左右します。食品の機能性について考えてみましょう。

  • 勝川 路子専任講師

    管理栄養士/調理学/栄養学

    調理学や栄養学で学ぶ知識は、生涯にわたり日常的に役立ちます。正しい知識を身につけ、健康で豊かな生活を送れるようになりましょう。また、メニュー開発や商品開発にも挑戦してみましょう。

  • 桂田 昭彦教授

    生化学/管理栄養士特別演習

    4回生の国家試験対策の主担当として、生化学に限らず全科目を指導しています。私の国試対策授業を受ければ、管理栄養士国家試験に必ず合格できると言われる「国試の神様」をめざしています。

  • 金田 直子専任講師

    管理栄養士/栄養教育論/栄養カウンセリング論

    より良い食行動の積み重ねによりつくられる健康的な食生活習慣は、私たちが健やかに日々の生活を送る礎となります。各々のライフステージにふさわしい栄養教育の方法を一緒に探りましょう。

  • 楠堂 達也准教授

    基礎栄養学/生化学/食物英語論文講読

    「できない理由を探す前にまず行動!」と、自ら学ぶ姿勢を大切にしています。管理栄養士国家試験合格という目標に向けて、自分自身の伸びしろを伸ばす4年間をともに過ごしましょう。

  • 小林 知未専任講師

    管理栄養士/公衆栄養学/栄養教育論

    公衆栄養学では、地域の人々の栄養改善や食行動改善のための計画や政策を学びます。心と身体の健康を担っている食事について、一緒に楽しく学びましょう。

  • 新野 弘美助教

    健康運動指導士/健康運動演習/スポーツ学

    健康・運動資格に関連する授業を担当しています。健康寿命延伸のためには、食習慣とともに正しい運動習慣の習得が大切です。本学での多様な学びの中で、スペシャリティを磨いてください。

  • 田中 俊治教授

    管理栄養士/給食経営管理論/臨床栄養学

    栄養の摂り方は、口からだけでなく鼻からチューブで食べ物(経腸栄養剤)を胃に入れたり、点滴で静脈内に栄養素(栄養輸液製剤)を入れたりとさまざま。これらすべてに管理栄養士は関与しています。

  • 田中 仁助教

    管理栄養士/解剖生理学/化学/生物

    食に関する学問は膨大です。その中から自分が最も興味を持つ専門領域を探し出しましょう。4年間の学びを通して、一緒に食のエキスパートをめざしませんか。

  • 中野 忠雄教授

    管理栄養士/臨床栄養学/給食経営管理論

    管理栄養士・栄養士の社会的ニーズは、年々高くなっています。社会に出てからすぐに役立つ管理栄養士・栄養士の養成をめざし、楽しく学びがいのある授業を心がけています。

  • 西尾 久子教授

    公衆栄養学

    「食べることは生きること」管理栄養士・栄養士の仕事はひとの未来を創ることにつながります。「人を良くする」食についてしっかり学びましょう。食に関わる仕事の楽しさや、大切さを伝えていきたいと思います。

  • 登 純一郎教授

    健康スポーツ学(球技・サッカー)/スポーツ指導論

    球技を通して、足首・膝・腰などを若い世代から鍛えることで、健康な身体や心を維持できる能力を身につける。また、相手の立場になって考えるスポーツ指導者を育てます。

  • 福田 ひとみ教授

    管理栄養士/応用栄養学/調理学

    健康と食事は大変密接に関わっています。調理方法や食材の組み合わせで美味しい料理になったり、それなりの料理になったりします。どこが違うか一緒に追求してみませんか。

  • 細川 雅也教授

    内科医/解剖生理学/病理学

    「医食同源」という言葉を聞いたことがありますか?医療と食事は、身体を健康にするという点で同じものだという考え方です。つまり、食事によって病気の治療や予防が可能になるのです。

  • 宮側 敏明教授

    運動生理学/健康運動方法論/運動療法

    適度な運動は、健康づくりのための万能薬。科学的根拠に基づいた運動処方の実践、スポーツリーダーや健康運動実践指導者としての活躍をめざし、運動と栄養の関連性を一緒に学びましょう。

  • 宮武 和孝教授

    食品学/応用食品学/食品加工学

    過熱水蒸気を用いた食材加工中の変化を分子レベルで解明する「科学」と、美味しい食材の開発や新たな加工法の開発を分子レベルの原理に基づいて行う「技術」を融合した、実践研究室です。

全学部・学科の教員一覧はこちら