教職実践研究センター

教育実践研究センター

教職に関する豊富な情報提供と実践的指導で「教職」への道を徹底サポート
新しくスタートする教職実践研究センター

教職実践研究センターは、教員採⽤試験対策講座、教員採⽤試験情報の提供、教員採⽤試験受験相談という3つの柱を軸に「先⽣」になる夢をサポートするセンターとして、狭⼭キャンパス(事務室F 棟219、学習室A 棟211)と泉ヶ丘キャンパス(本館8F)の両キャンパスに設置されてきましたが、本学のワンキャンパス化に伴い泉ヶ丘キャンパスに⼀本化され、本館3Fに「新たなセンター」としてスタートすることになりました。現在は、これまでのセンター業務を継続しながら、4⽉からは、みなさんが利⽤・活⽤できるセンターとしてスタートするための準備を進めているところです。

「教職実践研究センター」について

教職実践研究センターは、教員養成に関する実践的研究と教員をめざす学⽣をサポートするセンターです。センターは本館3F(階段横)にあります。「教員」になるには、「教員免許」という資格取得が必要です。資格を取得するには、教員養成の課程(「教職課程」という)で、教職に関する専⾨的な「知識」や「技能」を⾝につけなければなりません。

教員志望者を⽀援するセンター

 教職実践研究センターは、「教員免許取得に関すること」「教職課程の科⽬履修に関すること」「教員採⽤に関すること」の3つの柱で、教員志望者のサポートを⾏います。

  1. 教員免許取得に関すること
    教員免許取得要件の確認や免許申請に必要な事務的サポートをします。
  2. 教職課程の科⽬履修に関すること
    科⽬履修の選択と履修状況の確認、体験的活動(介護等の体験、学校インターンシップ)や実習(教育実習、養護学臨床実習、養護実習、栄養教育実習)に関することのサポートをします。
  3. 教員採⽤に関すること
    都道府県等が⾏う教員採⽤試験対策に関する⽀援を⾏います。教員採⽤試験の過去問や募集要項、関係図書・雑誌などが閲覧できるコーナーを整備し、受験相談や学習⽀援を⾏います。また、模擬試験をはじめ個⼈・集団⾯接や模擬授業等の⽀援や採⽤試験に関する説明会、講師登録等の紹介も⾏います。

帝塚山学院大学ならではの教職支援プログラムで
実現する教師への道のり

※ 横にスクロールできます。

大学生から先生へ…


※ 横にスクロールできます。

講師を経験して先生へ…

教職課程に関する情報公開

「教員免許状更新講習」の実施

 平成19年6月の改正教育職員免許法の成立により、平成21年4月1日から教員免許更新制が導入されました。教員免許更新制は、その時々で求められる教員として必要な資質能力が保持されるよう、定期的に最新の知識技能を身に付けることで、教員が自身と誇りを持って教壇に立ち、社会の尊敬と信頼を得ることを目指すものです。
 制度の導入に伴い、帝塚山学院大学では教員免許状更新講習を実施しています。

教員免許状更新講習について