リベラルアーツ学科リベラルアーツ学科

ニュース・イベント

  • 学びのポイント
  • 概要
  • 資格・キャリア
  • カリキュラム
  • Pick Up授業
  • 教員紹介

学びのポイント

  • Point 1

    メジャー&マイナー制度で
    ハイブリットな学びを生み出す

    「言語」「文学」「文化」「表現」をベースとした4専攻13コースから、メジャー&マイナー制度で多様なコースを自由に組み合わせ、あなただけのオリジナルな学びを生み出すことが可能。複数のスキルを身につけたジェネラリストを育成します。

  • Point 2

    興味を刺激する実践型授業
    あなただけのスキルを身につける

    仲間とのディスカッションやグループプレゼンテーション、プロや専門家によるワークショップを業界仕様の施設で行う実践型の授業で、あなたの興味や得意を、あなただけのスキルに育てます。身につけたスキルが社会や海外で通じるかチャレンジする機会もあります。

  • Point 3

    社会に世界に通用する
    プロデュース力と発信力を磨く

    グローバル化・多様化する社会では、これまで以上にコミュニケーション力が重視される時代になります。優れた「プロデュース力」と「発信力」を身につけることで、学びで得た知識やスキルを他者に発信し、社会に活かすことが可能になります。

概要

リベラルアーツとは?

激しく変化を続ける現代社会は、新しい文化や技術が生まれるたびに新しい仕事が生まれ、反対に別の何かが消えていきます。ひとりのひとが、ひとつの仕事を一生続けることは難しくなっていくでしょう。
そうした時代に求められるのは、自らの関心ごとからつねに何かを学びとる力、あふれる情報の中から自らの視点で重要なものを選びとる力、自らの発想から新たな価値を生み出す力を持ったひとです。
このような力を養うためには、ひとつのことを極めていく専門性の高い学びだけでなく、その専門性を軸に多分野についても幅広い見識を持つことが大切です。
本学のリベラルアーツ学科は、「日本学」「韓国語韓国文化」「グローバル英語」「情報クリエイティブ」の4専攻からなる専門性の高い13コースと、他学科領域科目からなる4コースの、合わせて17コースの学びがあります。
そして、これらのコースをメジャー&マイナー制度で自由に組み合わせることで、学生それぞれが自身の持ちたい専門性をもとに幅広い見識をともなった、独自の学びができるのが特徴です。リベラルアーツ学科ならではの自由な選択と主体的な学びのなかで、他から強いられた画一的な勉強から解放され、生涯にわたって多様性と変化に対応できる学びの技=アーツを身につけませんか。

資格・キャリア

  • 取得可能な資格

      • 図書館司書
      • 博物館学芸員
      • 日本語教員(養成コース)
      • 社会教育主事任用資格
      • 社会福祉主事任用資格
      • レクリエーション・インストラクター

    推奨資格

      • TOEIC®650点以上
      • 韓国語能力試験(TOPIK)5級以上
      • 「ハングル」能力検定準2級以上
      • 観光英語検定
      • 秘書技能検定
      • マイクロソフトオフィススペシャリスト
      • ITパスポート
  • 活躍のフィールド

      • 日本語教員
      • 絵本作家
      • 図書館司書
      • 児童文学作家
      • 出版社
      • 旅行会社
      • 客室乗務員
      • グランドスタッフ
      • 空港
      • ホテル・老舗旅館
      • ツアーコンダクター
      • 外資系企業
      • 貿易関連
      • 翻訳・通訳
      • 教育関連企業
      • 美術館・画廊
      • 映像制作会社
      • Webプランナー
      • クリエイター
      • サウンドデザイナー
      • ITエンジニア
      • 企業の企画・広報部門
      • 起業 ほか

おもな就職先

築野食品工業(株)/日新シール工業(株)/(株)ダイネツ/(株)シープロン化成/(株)ニューエラー/(株)エービーシー・マート/(株)ライフコーポレーション/(株)キリン堂(キリン堂ホールディングス)/コーナン商事(株)/(株)万代/(株)ココカラファインヘルスケア/(株)カーポートマルゼン/(株)ヨドバシカメラ/トヨタカローラ南海(株)/日本ケンタッキー・フライド・チキン/(株)サントリービバレッジサービス(株)/(株)ヨドバシカメラ/(株)関西ケーズデンキ/(株)関西マツダ/(株)ゼンショーホールディングス/(株)セブン‐イレブン・ジャパン/(株)スズキ自販近畿/(株)洋電社/リコージャパン(株)/(株)サンコー/(株)浜田/公益財団法人日本国際教育支援協会/

北おおさか信用金庫/大阪中河内農業協同組合/成協信用組合/三井住友海上火災保険(株)/大阪信用金庫/大阪厚生信用金庫/阪南倉庫(株)/(株)サカイ引越センター/(株)ソフトウェア・サービス/アンドール(株)/(株)NTTデータ/日本水理(株)/積和不動産関西(株)/タイムズ24/ルートイングループ/サンフロンティアホテルマネジメント(株)/アパホテル(株)/ホテルニューアワジグループ/トランスコスモス(株)/大阪狭山市教育委員会/(学)帝塚山学院/大阪市教育委員会/大阪府教育委員会/防衛省 陸上自衛隊/(医法)徳洲会 和泉市立総合医療センター/(社福)池田さつき会

※ 2020年度3月卒業生実績

カリキュラム

Major & Minor

リベラルアーツ学科ならではの学び、メジャー&マイナー制度。

リベラルアーツ学科ならではの、メジャー&マイナー制度の学びなら
2つ以上の異なる専攻のコースを組み合わせることで、
自分だけのオリジナルで新しい学びを生み出せます。

  • STEP01

    まずは視野と興味を広げる

    学科での学びのスタートアップとなるリベラルアーツ入門をはじめとした基礎科目では、広く異なる分野の基礎知識を習得。視野と興味の幅を広げることで、自分の可能性と関心を探っていきます。また、基盤教育科目では、大学生としての教養の充実も図ります。

  • STEP02

    メジャーとマイナーを選択する

    4専攻を横断的に学びながら、自分が極めたい分野を見つけていきます。メジャーとして選択できる13コースからゼミを1つ、そして他専攻・他学科のマイナーコースの中から修了したいコースを1つ以上選び、自分だけのオリジナルの学びを作り上げていきます。

  • STEP03

    研究領域を定め専門を追求する

    メジャーコースのゼミでその分野の知識と技術を深めることで、自分の得意を社会で活用できる専門分野にします。また、ゼミ担当教員の指導のもと、各自がマイナーコースで学んだことを応用したり、組み合わせながら、卒業研究論文や卒業制作に取り組みます。

13コース+他学科分野を
自ら組み合わせる
オリジナルな4年間の学び

リベラルアーツ学科ならではの、メジャー&マイナー制度。
2つ以上の異なる専攻のコースを組み合わせることで、
自分だけのオリジナルで新しい領域の学びを生み出せます。

横にスクロールすると図の続きをご覧いただけます。

横にスクロールすると表の続きをご覧いただけます。

海外留学プログラム

リベラルアーツ学科オリジナルのカリキュラム内留学や、全学科共通の留学プログラムから
自分に合った留学先や期間を選べます。

半年留学で世界へ「海外留学プログラム」

  • キャンパスを半年間、海外へ

    2回生の後期に英語圏、もしくは韓国の大学で半年間学べる留学プログラム。留学中に取得した単位は本学の卒業単位として認定されます。

  • 現地大学の学費負担なし

    留学先は韓国、オーストラリア、アメリカ、カナダの提携先大学から選択できます。現地での授業料は原則不要で、本学に在学したまま留学が可能です。

  • 半年間に渡る事前準備

    留学希望者は留学事前準備講座で、しっかりと留学に備えます。語学力の強化だけでなく、ビザ申請などの手続きについても手厚くサポートします。

  • 短期韓国語研修1回生春休み

    韓国・高麗大学で約3週間の語学研修を行います。事前授業では、関西空港から金浦空港まで、またソウル現地で使えるテーマに合わせ、ロールプレイによる会話練習を実施。現地の授業では、1週間につき、1日4時間ずつ5日間行われ、生きた韓国語を学びます。また、各種の文化授業及び見学プログラムも行われます。
  • 短期英語研修1回生春休み

    マレーシアのクアラルンプールにあるUOW Malaysia KDU University Collegeにおいて、英語と異文化理解研修を中心とした3週間のプログラム。集中的な学習を通じて英語運用能力を向上させると同時に、多民族国家という日本とは異なる文化圏に対する理解を深め、そこに暮らす英語を母語としない同世代の人々と交流を深めます。

留学先提携大学

  • 韓国:短期韓国語研修/半年留学

    ソウル東部に位置する韓国三大名門大学の一つ。24時間使用可能な図書館など充実した学習環境が整っています。

    高麗大学

  • マレーシア:短期英語研修

    クアラルンプール郊外に位置するマレーシアでも歴史ある私立大学。校内には最新設備を備え、学生の学びを最大限にサポートしています。

    UOW M
    KDUユニバーシティ
    カレッジ

  • カナダ:半年留学

    オーロラが観測できる自然豊かな場所に位置。湖や川など大自然を味わい、カナダのスローライフの中で勉強に打ち込めます。

    ノーザンライツカレッジ

  • アメリカ:半年留学

    オレゴン州南部アッシュランドに位置する総合大学。年間を通して温暖な気候で、豊かな自然に囲まれた治安のいい環境です。

    南オレゴン大学

  • オーストラリア:半年留学

    ブリスベンとゴールドコーストに計5キャンパスを有する公立大学。50か国以上の留学生が在籍し、留学生へのケアも万全です。

    グリフィス大学

  • マレーシア短期英語研修ブログ
  • 英語圏留学プログラムブログ
日本学専攻

学びのポイント

Point 1

多様なコースで
専門性を高める

本専攻では、「歴史学」「日本神話・古典文学」「近現代文学」「児童文学」の4つのコースに分かれて日本学を学びます。希望する学びに特化したコースを選択し、より専門性を高めることができます。

Point 2

さまざまなジャンルの
創作活動が可能

講義を通して、絵本の創作から小説の執筆まで、幅広く実践的に学べます。創作経験のある教員が基礎から指導。それぞれのジャンルで活躍する現役のアーティストから学ぶ機会も豊富にあります。

Point 3

各分野の最先端で活躍する
教員による指導

日本学コースを担当する教員は、多数の著書の出版や学外での講演活動を行っています。それら最新の研究の成果を、それぞれの教員の担当講義を通して、わかりやすく学ぶことができます。

歴史学コース

日本の歴史や
伝統文化の理解を深める

時代劇や家紋、災害など日本の歴史的な事柄を、学生にとって身近なテーマから取り上げて学んでいきます。また、衣食住における日本ならではのさまざまな伝統文化について、海外諸国の文化と比較しながら研究を深めます。

日本神話・古典文学コース

古代文献から
神話を読み解く

古事記や日本書紀などの文献から、スサノヲのヤマタノヲロチ退治やイナバのシロウサギといった日本の古代神話に焦点を当てて学びます。また、引札や絵図、挿絵などの図像にも注目して、より深い理解をめざします。

近現代文学コース

文豪の作品を読み込み
考察する

川端康成や夏目漱石、森鴎外など、明治から大正、昭和、現代において、それぞれの時代に活躍した作家やその作品を取り上げます。作品が書かれた時代背景も捉えながら、文学の世界を味わって考察を深めましょう。

児童文学コース

さまざまな観点から
絵本や児童文学を味わう

近現代の子どもが置かれた状況も学びながら、児童文学に関する専門的な知識を身につけます。近年、多くの児童文学がドラマやアニメになっていることにも注目。児童文学とメディアミックスの関係についても考察します。

    • 1回生
      リベラルアーツ学科が扱う全分野について、広く横断的に基礎知識を学びます。また基盤教育として、大学生としての教養、レポート制作、プレゼンテーションといった技術も身につけます。
    • 2回生
      1回生で身につけた基礎知識をさらに発展させていきます。日本の歴史や文学に対する知識を深めるとともに、プロの作家の指導で小説や絵本などの創作に挑戦できます。
    • 3回生
      メジャーコースのゼミに所属し、歴史や日本文学、児童文学に関する知識を深めていきます。またマイナーコースで他専攻の分野を選び、可能性を広げます。
    • 4回生
      ゼミ担当教員の指導のもと、各自がマイナーコースで学んだことも応用しながら、卒業研究論文にも取り組みます。
  • 横にスクロールすると図の続きをご覧いただけます。

韓国語韓国文化専攻

学びのポイント

Point 1

韓国文化(K-カルチャー)を学べる

韓国の伝統文化から、時々刻々と移り変わる日韓情勢などの時事的な内容まで、幅広い学びが特長です。K-POPの歌詞をテキストに韓国語を学ぶ授業など、日々新しく発信されているK-カルチャーの最前線を知り、研究を進めることができます。

Point 2

生きた韓国語が身近にある環境

講師陣は、「ネイティブっぽい韓国語の表現200」などの著書がある稲川右樹先生、「SNSでつぶやく毎日の韓国語」の著書がある古田富建先生、韓国ネイティブの任先生など、今、韓国で使われている、伝わる韓国語が学べる環境です。

Point 3

留学先は韓国一流の大学

1回生春休みの3週間の語学研修、2回生後期の半年留学ともに、世界中から韓国語を学びに多くの学生が集まる韓国トップクラスの高麗大学で実施します。また、半年留学は、著名人を多く輩出し名門と名高い梨花女子大学に行くことも可能です(条件あり)。

韓国語コース

韓国語を基礎から学び、
研究を深める

「韓国語」や「韓国語コミュニケーション」、「韓国語研究」などの科目で韓国語を一から専門的に学びます。短期語学研修などの実践的なプログラムもあり、最終的には韓国語に関する卒業論文を執筆します。

韓国文化コース

文化や社会的側面から学ぶ

韓国文化や社会について深く学んでいきます。現地研修では、実際に韓国を訪れて文化を体験し、韓国語と韓国文化の両方を並行して学びます。これらの知識と経験を基に韓国文化に関する卒業論文を執筆します。

韓国語資格コース
(マイナーコースのみ)

語学力の向上で資格を身につける

「韓国語」や「資格韓国語」などの韓国語関連科目を集中的に履修し、ハングル検定3級程度、もしくは韓国語能力試験初級程度の韓国語を身につけます。現地研修では文化体験やホームステイを通じて国際理解や語学力の向上をめざします。

    • 1回生
      自分に合ったレベル別のクラスで、無理なく基礎から韓国語の力を伸ばします。春休みにはソウルの高麗大学で約3週間の語学研修(希望者)を実施します。
    • 2回生
      1回生で身につけた基礎知識をさらに発展させていきます。留学希望者は、前期から事前準備講座を受講して留学に備え、後期から韓国でのカリキュラム内半年留学を行います。
    • 3回生
      メジャーコースのゼミ(コース定員あり。多数時は選抜あり)に所属し、韓国語もしくは韓国文化に関する知識を深めていきます。またマイナーコースで他専攻の分野を選び、可能性を広げます。
    • 4回生
      ゼミ担当教員の指導のもと、各自がマイナーコースで学んだことも応用しながら、卒業研究論文にも取り組みます。
  • 横にスクロールすると図の続きをご覧いただけます。

グローバル英語専攻

学びのポイント

Point 1

自分に合った留学方法を選択可能

1回生では短期英語研修としてマレーシアへの3週間留学が可能。英語力の向上と異文化理解を目的に、集中的に学びます。2回生では自分に合った留学先、期間が選べます。カナダやアメリカ、オーストラリアへの半年留学もでき、留学先で取得した単位は本学の卒業単位になります。

Point 2

TOEICスコアの大幅UP

Point 3

講義紹介「グローバル英語入門」

この講義では、実際にグローバルに社会で活躍する方々(“英会話教室を経営している人”、“シリコンバレーで働いている人”などなど)をゲスト講師として招き、現場の生の声を聞きます。また、出された課題にとり組むことで実社会の理解と将来設計力を身につけます。

ビジネスコミュニケーションコース

グローバル社会で活躍するスキルの習得

グローバル・ビジネスにおいて必要なのは、語学力に加え、身だしなみや言葉遣いなどのビジネスマナー。本コースでは、グローバル・ビジネスにおける基礎的な知識とビジネスシーンで必要なマナー、コミュニケーションスキルを身につけます。

多文化コミュニケーションコース

SDGsを軸に多文化理解をめざす

多文化コミュニケーションコースでは、世界共通言語である英語と、SDGs(持続可能な開発目標)の観点を軸にした英語を使う国々の文化や社会状況についての学びを深め、異文化を理解する手法を身につけます。また、世界と比較することで日本への理解を深めます。

英語資格コース
(マイナーコースのみ)

英語力の向上で高得点取得へ

TOEIC® Listening&Reading Testは英語コミュニケーション力を測る資格試験のひとつで、就職活動にも有用な資格です。社会ではキャリアアップを目的に、多くの人々がスコアアップに励んでいます。本コースでは個々の目標スコアの達成をめざして学んでいきます。

    • 1回生
      週5コマの授業で専攻の基盤となる英語の4技能を伸ばします。春休みにはマレーシア・クアラルンプールの大学で約3週間の語学研修(希望者)を実施します。
    • 2回生
      英語力に加え、ビジネスやホスピタリティ業界に関する学びを深めます。後期には、英語圏でのカリキュラム内半年留学を行います。希望者は、前期から事前準備講座を受講して、留学に備えます。
    • 3回生
      メジャーコースのゼミに所属し、ホスピタリティビジネスや、国際的な諸問題に関する知識を深めていきます。またマイナーコースで他専攻の分野を選び、可能性を広げます。
    • 4回生
      ゼミ担当教員の指導のもと、各自がマイナーコースで学んだことも応用しながら、卒業研究論文にも取り組みます。
  • 横にスクロールすると図の続きをご覧いただけます。

情報クリエイティブ専攻

学びのポイント

Point 1

学外での
実践的な活動の機会が豊富

情報クリエイティブ専攻では学びの実践が欠かせません。美術館での実務実習や他大学と行う音楽研究成果の発表イベント参加、学外の映像コンテスト出品やデザインコンペへの応募など、学外発表の機会も豊富で、多数の受賞実績があります。

Point 2

大学での学びを活かした
進路実績多数

映像制作会社やweb制作会社、システムエンジニアや番組制作者など、大学での学びを活かしクリエイティブな職種へ進んだ先輩が多数います。毎年多くの卒業生がそれぞれの学びを生かし、さまざまな分野へと進出し、活躍しています。

Point 3

クリエイティブに
活躍する教員

情報クリエイティブ専攻の各コースの指導教員は、現役で活動するプロや研究者です。映像やデザインの制作、演奏活動、アートプロデュースや情報教育研究の実践など、各分野の第一線でクリエイティブに活躍しています。

映像表現コース

実践的な映像制作スキルを
身につける

ビジネスからエンターテイメントまで、幅広く活用される映像表現。その制作ノウハウを基礎から学びます。講義では、業界の第一線で活躍する教員から指導を受け、プロと同じ機材を用いて実践的なスキルを身につけます。

サウンド表現コース

音楽やサウンドの
幅広い可能性を知る

映像に合わせた音楽表現やラジオ番組制作を題材に、パソコンを用いた音楽制作、録音方法を実習を通して学びます。また、実際の音楽イベントの設営・運営に携わるなど、実践的な学びの機会も豊富にあります。

現代アート表現コース

アートの分野にとどまらない学び

さまざまな表現手法や展示方法があり、ビジネスや観光とも結びつきの強い現代アート。最先端の現代アートについて学びを深めることで、作品やアーティストをより魅力的にプロデュースできる力を養います。

デザイン表現コース

デザインの発想と表現力を培う

雑誌やポスター、商品パッケージなどにおけるグラフィックデザインの考え方と制作スキルを基礎から身につけます。制作ソフトの使い方はもちろん、広告の企画立案などに必要な発想力も鍛えます。

プログラミング表現コース

プログラミングを一から学べる

ゲーム開発ツールであるUnityなどを積極的に取り入れた授業で、初心者でも基礎からプログラミングの知識や技術を習得することができます。実習を通してクラウド、IoTシステムやアプリの開発スキルを磨くことをめざします。

    • 1回生
      リベラルアーツ学科が扱う全分野について、広く横断的に基礎知識を学びます。また基盤教育として、大学生としての教養、レポート制作、プレゼンテーションといった技術も身につけます。
    • 2回生
      1回生で身につけた基礎知識をさらに発展させていきます。映像、サウンド、デザインの制作やアートプロデュース、プログラミングなど、演習や実習の授業で実践的なスキルも身につけていきます。
    • 3回生
      メジャーコースのゼミに参加し、自分の得意とした分野をさらに鍛えます。また、マイナーコースで他専攻の分野を選び、可能性を広げます。
    • 4回生
      ゼミ担当教員の指導のもと、各自がマイナーコースで学んだことも応用しながら、卒業研究論文や卒業制作にも取り組みます。
  • 横にスクロールすると図の続きをご覧いただけます。

施設紹介

PCルームB

40台のMac全てAdobe Creative Cloudが使用できる、クリエイティブ系科目が行われる教室。学生なら利用手続きは不要で自由に利用することができます。

撮影スタジオ・サウンドスタジオ

実践的に学ぶため、プロ仕様の映像スタジオ・音響スタジオが整備されており、デジタルビデオカメラ・音響機器・動画配信機器・照明装置などを使った本格的な写真撮影や動画・音声の収録、さらには配信にも対応しています。

教員紹介

  • 有馬 純寿准教授

    コンピュータ音楽/現代音楽/コンサート、展覧会での音響技術

    コンピュータや電子音響を用いた音楽作品演奏の第一人者として高い評価を受けており、さまざまなジャンルの音楽祭などに参加している。美術家や映像作家との共作も多く、国内外の展覧会にも多数参加。第63回芸術選奨文部科学大臣新人賞芸術振興部門受賞。

  • 伊藤 かおり准教授

    日本の児童文学/日本の近代文学

    専門分野の児童文学では、主に幻想文学の大家として知られる泉鏡花の初期児童文学、本学二代目学長である庄野英二の児童文学、また大正時代の童謡についても研究している。日本児童文学学会の評議員や、帝塚山派文学学会の会員としても活動。

  • 稲川 右樹准教授

    韓国語教育/音声教育/日本語教育

    大学時代に韓国語の魅力に目覚めて渡韓留学。博士課程卒業後、ソウル大学校などで日本語教師として教鞭をとる。研究では韓国語の発音教育に重点を置き、日本語ネイティブの特性を活かした指導法に取り組む。著書に『ネイティブっぽい韓国語の表現200』など。

  • 任 炫樹准教授

    韓国語教育/日韓対照言語学

    日本語母語話者と韓国語母語話者の言語/非言語コミュニケーションの比較対照学を研究。両言語の共通・相違点から見出された研究成果を韓国語教育に応用実践している。また学内では学生のハングル能力検定試験受験や韓国語スピーチ大会出場のサポートも行う。

  • 及川 智早教授

    日本古典文学/日本神話/古代説話/受容史

    日本の神話や古代の説話を専門に、近年ではそれらが成立以降に現代人に受容されてきた過程を、文字だけでなく図像も取り入れ多角的に研究。著書『日本神話はいかに描かれてきたか近代国家が求めたイメージ』で2018年に第6回古代歴史文化賞優秀作品賞を受賞。

  • 小幡 信准教授

    グラフィックデザイン/webデザイン/広告表現/コミュニケーションデザイン

    現役グラフィックデザイナーの傍ら、本学ではグラフィック、web、広告デザインをコミュニケーションの観点から立案する「コミュニケーションデザイン」を研究。デザイン技術だけにとどまらず、コピーライティングを用いたアイデアの「言語化」にも取り組む。

  • 喜家村 奨教授

    ソフトウエア工学/プログラミング教育

    専門分野は英国OxfordUniversity ComputingLaboratory留学で探求したソフトウエア工学とプログラミング教育。プログラミングの有用性周知のための研究活動、学生や小中高教員など初学者のプログラミング教育へのソフトウエア設計手法の導入にも取り組む。

  • Cory Koby准教授

    TOESOL/英語教育

    研究分野は多読による学習者の自律的英語学習で、学内図書館に設営した英文書籍やデジタル英文書籍で包括的な多読プログラムを提供し実践指導を行う。Extensive Reading Foundation執行委員会メンバーで国際カンファレンス運営にも携わる。

  • 佐藤 安専任講師

    映像制作/映像表現研究

    映像をキーワードにした「動きのデザイン」の研究で、平面や立体の構成に時間という概念を加えることで情報に起きる変化を分析し、アイデアを効果的に伝える方法を模索。現役のクリエイターとしてもMV制作やCM、映画にも参加し、映像関係の数々の賞を受賞。

  • 杉本 喜孝准教授

    CALL教材開発/多読・速読/小中高連携/シャドーイングによるプレゼン能力育成

    35年間英語教員として勤務。文部科学省検定済教科書である「コミュニケーション英語」「英語表現」の執筆経験を持つ。多読と速読を併用し、学生の英語力向上をめざす。STEAM教育を基礎とした教科横断型の取り組みで多重知能を伸ばす教育実践も行う。

  • 永草 次郎教授

    近現代美術史/美術批評/アートプロデュース

    大学院卒業後、学芸員として近現代の美術展覧会企画に携わる。またメトロポリタン美術館など海外の美術館の企画にも関わる。本学では現代美術系科目で教鞭をとる傍ら、現代アートの批評活動、企画など、実践的なアプローチを含めた研究活動を行っている。

  • 八野 幸子専任講師

    コーパス言語学/英語教育学

    言語データを英語コーパス言語学やテキストマイニングで用いられる手法で分析し、その知見を英語教育に応用する試みを研究分野とする。近年では理科との連携における教科等横断的英語教育のための語彙・表現の研究を中心に行っている。

  • 方 閠濟 専任講師

    韓国現代文化/韓国現代文学

    慶熙大学在学時から韓国現代文学を中心に、韓国学、韓国現代文化と韓国大衆文化について幅広く研究。近年は韓国文学史と在日文学の研究、韓国大衆文化コンテンツの、韓国語教育や韓国文化教育への活用方法を研究。著書に『越境する韓国文学史』(共著)など。

  • 古田 富建教授

    韓国朝鮮文化・韓国朝鮮宗教

    研究分野は韓国朝鮮文化、宗教。韓国の文化面も含めた韓国語教育に取り組み、雑誌「もっと知りたい!韓国TVドラマ」外郭事業として市民に韓国語・韓国文化を教える「もっ韓学院」の主催や、NHKラジオステップアップハングル講座の講師など幅広く活動。

  • 溝手 真理教授

    イギリス文学/TESOL(英語教授法)

    英文学研究の道に進むきっかけとなったEdmundSpenserについて、彼が16世紀イングランドで享受した教育やその後のキャリアを中心に研究。英語教育面では、自身にあった学習法を発見・実践する「自律する学習者」養成を目指している。

  • 宮坂 康一専任講師

    日本の近代文学

    近代日本文学でも小説を主たる研究分野とする。中でも芥川龍之介の華々しい文壇経歴と対照的な人生の結末や、堀辰雄の海外文学の強い影響の作品への昇華については修士課程と博士課程から引き続き独自の視点から研究を深めている。

  • 安田 政彦教授

    日本史

    歴史書や日記など書物から歴史を明らかにする文献史学を専門に、平安時代の古代皇族の研究をライフワークとして取り組む。また災害史とそれに関連する古代の環境やニオイについても取り組んでいる。著書に『平安時代皇親の研究』『災害復興の日本史』など。

  • 古家 正亨客員教授

    韓国大衆文化ジャーナリスト

    ラジオDJでテレビVJ、K-POP評論家もつとめる、日本人におけるK-POP、韓国文化の先駆者。韓国公営放送KBSでもレギュラー番組を持つ。2009年、韓国政府から日本におけるK-POP普及に貢献したとして「韓国政府褒章文化体育観光部長官褒章」を受章。

全学部・学科の教員一覧はこちら