大学概要

情報公開

2019年5月1日現在データ

教育研究上の基礎的な情報

大学名称 帝塚山学院大学
設立年月日 昭和41年(1966年)4月
所在地と交通アクセス 狭山キャンパス:大阪府大阪狭山市今熊2丁目1823番地
泉ヶ丘キャンパス:大阪府堺市南区晴美台4丁2番2号
組織 学校法人組織
学部数 2学部 リベラルアーツ学部・人間科学部
学科数 5学科 
・リベラルアーツ学部・リベラルアーツ学科
・人間科学部・キャリア英語学科(2020年度より学生募集停止)
・人間科学部・情報メディア学科(2020年度より学生募集停止)
・人間科学部・心理学科
・人間科学部・食物栄養学科
大学院研究科 1研究科 大学院人間科学研究科 
専攻 2専攻 
・臨床心理学専攻(専門職学位課程)
・人間科学専攻(修士課程)
教育研究上の目的 リベラルアーツ学部・人間科学部
大学院人間科学研究科
専任教員数 リベラルアーツ学部18人
人間科学部57人(キャリア英語学科6人、情報メディア学科8人、心理学科15人、食物栄養学科28人)
学部合計75人(含む学長、助手9人)
教員一人当たり学生数25.4人(教員数に助手を含まない)
学部教員紹介
大学院人間科学研究科臨床心理学専攻(専門職学位課程)4人(その他兼担6人)
臨床心理学専攻(専門職学位課程)
大学院人間科学研究科人間科学専攻(修士課程)10人(すべて学部兼担)
人間科学専攻(修士課程)
専任教員 職位・年齢構成
職員数 62人(アルバイト含まず)
校地・校舎等の施設 狭山キャンパス:校地等82,789㎡、校舎19,330㎡
泉ヶ丘キャンパス:校地等27,604㎡、校舎16,885㎡
校舎等の耐震化率 狭山キャンパス:97.9%、泉ヶ丘キャンパス:100%
授業料 学費について(学部)
学費について(大学院)
図書館
蔵書数
  • 狭山キャンパス
  • 332,361冊
  • 泉ヶ丘キャンパス
  • 220,981冊
視聴覚資料
  • 狭山キャンパス
  • 雑誌4,546/視聴覚資料14,076
  • 泉ヶ丘キャンパス
  • 雑誌1,915/視聴覚資料4,189
図書館の案内
学生支援センター 帝塚山学院大学では、学生一人ひとりにきめ細やかなサポートをするため、「学生支援センター」を設置しています。 学生支援センターには教務課、学生生活課、大学院事務課、国際交流センター、キャリアセンターがあり、学生のみなさんの学習、学生生活を支援しています。 教員や職員、設備、この大学すべては学生のためにある。それが、私たちが掲げる“Students First”の精神です。
学生支援センター
生涯学習センター 生涯学習センターは公開講座、コミュニティカレッジ講座、特別講座、公開授業、大阪狭山市共催の成人大学講座など多彩なプログラムを組んで、社会のニーズに応え、地域社会に学習機会を提供しています。
生涯学習センター
ICTセンター 狭山キャンパス、泉ヶ丘キャンパスともにICTセンターに情報サービス施設を整備し、ICT活用教育を推進し、学内ネットワークの整備と情報通信機器の維持・管理、次世代の情報通信を利用した教育の研究などを行なっています。
キャリアセンター キャリアセンターは人生を左右する「就職」を共に考え、学生一人一人にとって、最良の選択を導き提案します。キャンパスごとにキャリアカウンセラーを配置し、個別の相談にも丁寧に対応しています。
⇒キャリアセンター
心理教育相談センター 心理教育相談センターは地域および一般の市民の方々の心の問題についてカウンセリングを行なっています。成人のカウンセリング、子どもの遊戯治療(親子並行面接を含む)、心理査定などを行なっています。
(完全予約制・有料)
⇒心理教育相談センター
国際交流センター 留学相談や留学関係資料の提供、海外協定校との交換留学制度など国際交流に関する学生支援を行なっています。
⇒国際交流センター
⇒海外の協定相手校
教職実践研究センター 教職実践研究センターは、教員採用試験対策講座、教員採用試験情報の提供、教員採用試験受験相談という3つの柱を軸に「先生」になる夢をサポートします。狭山キャンパス(事務室F棟219、学習室A棟211)と泉ヶ丘キャンパス(本館204)の両キャンパスに設置されています。
教職実践研究センター
クラブ・同好会活動 クラブ・同好会活動
学則 大学学則PDF
大学院学則PDF
ページの先頭に戻る

修学上の情報等

教育情報の公表
教員組織、各教員が有する
学位および業績
学部教員紹介
臨床心理学専攻(専門職学位課程)
人間科学専攻(修士課程)
3つのポリシー アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー
入学者数、収容定員、在学者数 入学定員、入学者数、収容定員、在学者数、定員充足率の推移(過去5年間)
学部、学科別在籍者数(過去5年間)
研究科、専攻別在籍者数(過去3年間)
卒業者数
※9月卒業生を含む

リベラルアーツ学部・リベラルアーツ学科:58人
人間科学部:261人(キャリア英語学科:16人、情報メディア学科:30人、心理学科:84人、食物栄養学科:131人)

進学者数 大学院への進学者数:7人(心理学科:6人、食物栄養学科:1人)
修了者数 臨床心理学専攻:11人
就職者数 学部・学科、研究科・専攻別 就職の状況(過去3年間)
2018年度卒業生の主な就職先および進学先
2018年度大学院修了生の主な就職先および進学先
カリキュラム リベラルアーツ学部 リベラルアーツ学科
カリキュラム・マップ
人間科学部 キャリア英語学科
カリキュラム・マップ
情報メディア学科
カリキュラム・マップ
心理学科
カリキュラム・マップ
食物栄養学科管理栄養士課程
カリキュラム・マップ
食物栄養学科健康実践栄養士課程
カリキュラム・マップ
開講科目・シラバス

開講科目・シラバス検索画面

実務経験担当科目一覧表

実務経験のある教員等による授業科目一覧表

卒業・修了認定基準 必要単位修得数 リベラルアーツ学部:124単位
リベラルアーツ学部卒業基準
必要単位修得数 人間科学部
・キャリア英語学科:128単位
・情報メディア学科:124単位
・心理学科:124単位
・食物栄養学科:128単位

キャリア英語学科卒業基準
情報メディア学科卒業基準
心理学科卒業基準
食物栄養学科管理栄養士課程卒業基準
食物栄養学科健康実践栄養士課程卒業基準
必要単位修得数 大学院人間科学研究科臨床心理学専攻:46単位 修了基準
大学院人間科学研究科人間科学専攻:30単位 修了基準
学位 学位の取得状況(過去5年間)
キャンパス概要・運動施設 キャンパスマップ
学生の修学に係る支援 全ての学生に対して、学業をはじめ学生生活全般にわたり継続的に指導、助言を行うアドバイザー教員を配置しており、個人面談や、随時の成績相談・学習相談・生活相談等を行っている。また、授業支援システム C-Learning に登録された授業出席情報を、アドバイザー教員が随時確認するとともに、ディプロマポリシーを反映した「学生キャリアカルテ」を用い、アドバイザー教員が担当学生の能力を多面的・継続的に評価し、修学支援を行っている。
奨学金制度としては、日本学生支援機構奨学金、小野奨学会奨学金や地方公共団体のもの等各種奨学金と、本学独自の奨学金である給付型の帝塚山学院大学奨学金などの、学生生活を支援するためのスカラシップ制度がある。
また、学生支援センターを設置し、学生生活に関する学生からの質問、相談等に事務職員がワンストップで対応している。
スカラシップ制度・奨学金制度
進路選択に係る支援 「キャリアデザインⅠ・Ⅱ」を必修科目とし、1年次は「コミュニケーション、主体的な生き方、夢の実現、自立、アイデンティティの確立」、2年次は「社会生活とお金、グローバル経済、論理的思考、問題解決、リーダーシップとチームワーク」といった内容を提供している。
インターンシップ参加を通じた社会体験によるキャリア意識の醸成にも力を入れ、低年次からの参加を推奨し、「堺・南大阪インターンシップ推進協議会」での応募者、参加者とも2017・18年度の2年連続1位となっている。きめの細かい個別進路相談を実施し、4年間において2018年3月卒業生ひとりあたりの平均面談回数は9.6回である。
就職支援講座として、業界研究対策、自己分析や自己PR作成など基本スキルの習得、筆記試験対策、グループディスカッション(GD)対策、面接試験対策など、実践に役立つ講座を開講している。
就職サポート
学生の心身の健康等に係る支援 本学では学生の心身の健康等に係る支援の取組として、保健室、栄養相談室、学生相談室の設置ならびにハラスメント防止に努めている。
保健室では、健康診断や応急処置をはじめ、健康に関する相談などに応じている。健やかなキャンパスライフを過ごすために、気軽に訪問できる体制としている。栄養相談室では、学生生活を充実させるため、食生活の諸問題について担当教員が専門的な立場から相談に応じ、助言を行っている(予約制)。
学生相談室では、さまざまな悩みや問題に専門のカウンセラーが相談に応じている。学生が充実した学生生活を送れるように支援している。ハラスメント防止対策委員会を設置し、ハラスメント防止規程およびガイドラインを定め、ハラスメントを防止するとともに、適切に対応するための体制を整備している。
保健室・栄養相談室
地域社会貢献 社会連携に関する協定一覧
公開講座
地域連携活動一覧
心理教育相談センター
研究倫理に関する規程等 帝塚山学院大学における研究活動に携わる者の行動指針
帝塚山学院大学における研究費等の管理・監査のガイドライン
帝塚山学院大学における研究費の不正使用防止等に関する規程
帝塚山学院大学における公的研究費の不正使用防止に関する基本方針
帝塚山学院大学における公的研究費等の不正使用防止計画
帝塚山学院大学における競争的資金に係る間接経費の取り扱い方針
動物実験に関する規程等
ページの先頭に戻る
ページの先頭に戻る

教職課程に関する情報公開

教育職員免許法施行規則
第22条の6に基づく情報公開について

一 教員の養成の目標及び当該目標を達成するための計画

二 教員の養成に係る組織及び教員の数、各教員が有する学位及び業績並びに各教員が担当する授業科目

三 教員の養成に係る授業科目、授業科目ごとの授業の方法及び内容並びに年間の授業計画

四 卒業者の教員免許状の取得の状況

五 卒業者の教員への就職の状況

六 教員の養成に係る教育の質の向上に係る取組

ページの先頭に戻る
ページの先頭に戻る
ページの先頭に戻る
ページの先頭に戻る