情報公開

教育研究上の基礎的な情報

2021年5月1日現在データ
大学名称 帝塚山学院大学
設立年月日 昭和41年(1966年)4月
所在地と交通アクセス 大阪府堺市南区晴美台4丁2番2号
組織 学校法人組織(寄附行為、役員等名簿、役員等の報酬等に関する規程含む)
学部数 2学部 リベラルアーツ学部・人間科学部
学科数 5学科
  • リベラルアーツ学部 リベラルアーツ学科
  • 人間科学部 キャリア英語学科(2020年度より学生募集停止)
  • 人間科学部 情報メディア学科(2020年度より学生募集停止)
  • 人間科学部 心理学科
  • 人間科学部 食物栄養学科 管理栄養士課程
  • 人間科学部 食物栄養学科 健康実践栄養士課程
大学院研究科 1研究科 大学院人間科学研究科 
専攻 2専攻
  • 臨床心理学専攻(専門職学位課程)
  • 人間科学専攻(修士課程)
その他教育組織
  • 基盤教育機構
教育研究上の目的
専任教員数 リベラルアーツ学部18人
人間科学部54人(キャリア英語学科3人、情報メディア学科5人、心理学科16人、食物栄養学科30人)
学部合計72人(含む学長、助手9人)
教員一人当たり学生数27.8人(教員数に助手を含まない)
→ 学部教員紹介
大学院人間科学研究科臨床心理学専攻(専門職学位課程)11人(うち兼務6人)
→ 臨床心理学専攻(専門職学位課程)
大学院人間科学研究科人間科学専攻(修士課程)9人(すべて学部兼務)
→ 人間科学専攻(修士課程)
→ 専任教員 職位・年齢構成(PDF)
職員数 50人(アルバイト含まず)
校地・校舎等の施設 校地27,604.47m2、校舎16,973.71m2
校舎等の耐震化率 100%
授業料 学費について(学部)
学費について(大学院)
図書館 蔵書数
167,040冊

視聴覚資料
雑誌989/視聴覚資料4,231

→ 図書館の案内
学生支援センター 本学では、学生一人ひとりにきめ細やかなサポートをするため「学生支援センター」を設置しています。学生支援センターには学生生活課、保健室、学生相談室があり、学生生活を支援しています。
教学企画センター 教学企画センターには教学課、企画課、ICT課、大学院課があり、学生のみなさんの学修を支援しています。ICT課は帝塚山学院大学におけるICTを活用した情報教育・研究・業務支援、ならびに情報教育に関する施設・設備の運用管理を目的に設置されました。
キャリアセンター 本学のキャリアセンターは、「キャリアディベロップメント(職業能力開発:キャリア教育支援)」と「プレイスメントサービス(就職先紹介:就職支援)」というふたつの機能を併せ持っています。キャリアセンターではきめ細かい個別指導に加えて、学生と多くの企業等との出会いをプロデュースし、学生の経験値を高めていきます。

→ キャリアセンター
社会連携機構 社会連携機構は、地域社会のニーズに応じた地域貢献・社会連携事業を展開し、シンクタンク機能、生涯教育にかかる機能をより活性化することを目的としています。社会連携機構のもとに比較文化研究所を設置しています。
心理教育相談センター 心理教育相談センターは地域および一般の市民の方々の心の問題についてカウンセリングを行なっています。
成人のカウンセリング、子どもの遊戯治療(親子並行面接を含む)、心理査定などを行なっています。
(完全予約制・有料)

→ 心理教育相談センター
国際交流センター 留学相談や留学関係資料の提供、海外協定校との交換留学制度など国際交流に関する学生支援を行なっています。

→ 国際交流センター
→ 海外の協定相手校
教職実践研究センター 教職実践研究センターは、教員採用試験対策講座、教員採用試験情報の提供、教員採用試験受験相談という3つの柱を軸に「先生」になる夢をサポートします。

→ 教職実践研究センター
クラブ・同好会活動 クラブ・同好会活動
学則 大学学則(PDF)
大学院学則(PDF)

修学上の情報など

■ 教育情報の公表

教員組織、各教員が
有する学位および業績
→ 学部教員紹介
→ 臨床心理学専攻(専門職学位課程)
→ 人間科学専攻(修士課程)
3つのポリシー アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー
入学者数、収容定員、
在学者数
入学定員、入学者数、収容定員、在学者数、定員充足率の推移(過去5年間)(PDF)
学部、学科別在籍者数(過去5年間)(PDF)
研究科、専攻別在籍者数(過去3年間)(PDF)
卒業者数
※9月卒業生を含む
リベラルアーツ学部・リベラルアーツ学科:52人
人間科学部:255人
(キャリア英語学科:19人、情報メディア学科:43人、心理学科:95人、食物栄養学科:98人)
進学者数 大学院への進学者数:3人
(心理学科:2人、リベラルアーツ学科:1人)
修了者数 臨床心理学専攻:20人
就職者数 学部・学科、研究科・専攻別 就職の状況(過去3年間)(PDF)
2020年度卒業生の主な就職先および進学先(PDF)
2020年度大学院修了生の主な就職先および進学先(PDF)
カリキュラム リベラルアーツ学部

人間科学部
開講科目・シラバス 開講科目・シラバス検索画面
実務経験担当科目一覧表 実務経験のある教員等による授業科目一覧表(PDF)
卒業・修了認定基準 必要単位修得数

必要単位修得数

必要単位修得数
学位 学位の取得状況(過去5年間)(PDF)
キャンパス概要・運動施設 キャンパスマップ
学生の修学に係る支援 全ての学生に対して、学業をはじめ学生生活全般にわたり継続的に指導、助言を行うアドバイザー教員を配置しており、個人面談や、随時の成績相談・学習相談・生活相談等を行っている。また、授業支援システムWebClassに登録された授業出席情報を、アドバイザー教員が随時確認するとともに、ディプロマポリシーを反映した「学生キャリアカルテ」「テヅカポートフォリオ」を用い、アドバイザー教員が担当学生の能力を多面的・継続的に評価し、修学支援を行っている。

→ スカラシップ制度・奨学金制度
進路選択に係る支援
  • ジェネリックスキルの可視化→2018年度よりPROGを導入し、1年次、3年次に受検。3年次には1年次との比較をし、学生の成長状況を把握している。
  • 4回生卒業時での未内定学生特性分析→2016年度より導入した就職支援NAVIにて個別面談記録などをすべて集約し、分析したデータを各種就職支援講座の運営に活用している。(進路把握率は99.3%)
  • コロナ禍での迅速な対応→大学指定履歴書を手書き式からオンライン式に切り替え、標準仕様化とした。

→ 就職サポート
学生の心身の健康等に
係る支援
本学では学生の心身の健康等に係る支援の取組として、次のように保健室、栄養相談室、学生相談室の設置ならびにハラスメント防止に努めている。
  • 保健室では、健康診断や応急処置をはじめ、健康に関する相談などに応じている。健やかなキャンパスライフを過ごすために、気になることがあれば、気軽にたずねるよう伝えている。
  • 栄養相談室では、学生生活を充実させるため、食生活の諸問題について担当教員が専門的な立場から相談に応じ、助言を行っている(予約制)。
  • 学生相談室では、さまざまな悩みや問題に専門のカウンセラーが相談に応じている。事務局学生生活課とも連携し、学生のサポートに努めている。
  • ハラスメント防止対策委員会を設置し、「ハラスメント防止規程」を定め、ハラスメントを防止するとともにハラスメントに起因する問題が生じた場合、適切に対応することに努めている。

→ 保健室・栄養相談室
地域社会貢献 → 公開講座
→ 地域連携活動一覧(PDF)
→ 心理教育相談センター
研究倫理に関する規程等

→ 帝塚山学院大学における研究活動に携わる者の行動指針(PDF)

→ 帝塚山学院大学における研究費等の管理・監査のガイドライン(PDF)

→ 帝塚山学院大学研究活動の不正行為防止等に関する規程(PDF)

→ 帝塚山学院大学における研究費の不正使用防止等に関する規程(PDF)

→ 帝塚山学院大学における競争的資金に係る間接経費の取り扱い方針(PDF)


■動物実験に関する規程等

→ 2019年度 帝塚山学院大学 動物実験情報公開(PDF)

→ 帝塚山学院大学動物実験規程(PDF)

→ 平成29年度 動物実験に関する自己点検・評価報告書(PDF)

→ 平成30年度 動物実験に関する自己点検・評価報告書(PDF)

→ 帝塚山学院大学 緊急マニュアル(PDF)

数学IRに関する情報公開

■ 資格取得実績

教職課程に関する情報公開

■ 教育職員免許法施行規則
第22条の6に基づく情報公開について

一 教員の養成の目標及び当該目標を達成するための計画

二 教員の養成に係る組織及び教員の数、各教員が有する学位及び業績並びに各教員が担当する授業科目

三 教員の養成に係る授業科目、授業科目ごとの授業の方法及び内容並びに年間の授業計画

四 卒業者の教員免許状の取得の状況

五 卒業者の教員への就職の状況

六 教員の養成に係る教育の質の向上に
係る取組

財務情報

設置計画履行状況報告書

高等教育の修学支援に関する確認申請書