各種証明書・申請書発行について

証明書自動発行機について

  • 証明書及び、各種申請書は本館2階証明書自動発行機での発行が可能です。その他、各手続きの支払はすべて、申請書もしくは証紙での支払となります。
  • ※現金での支払いが不可となりますのでご注意ください。
  • ※2022年10月時点での情報となります。申請書名や対応時間が変更になる可能性があります。
        

◆窓口でのお申込み

証明書 1通当たりの発行料 支払方法 発行方法 発行までの期間 受付時間
在学証明書 100円 【電子マネー】
楽天Edy、PayPay、LINE Pay、楽天Pay、Alipay、WeChat、nanaco、au PAY、メルペイ
※現金での発行は出来ません
証明書自動発行機 即時発行 平日
9:00~16:50
健康診断書
卒業・修了証明書
学業成績・単位修得 証明書
(英文)卒業・修了証明書 500円 学生支援センター窓口 受付日から、開室日7日程度で発行 平日
9:00~16:00
(英文)学業成績・単位修得 証明書
資格取得見込証明書 100円
推薦書(就職関係) キャリアセンター及び学生支援センター窓口
その他 お問い合わせください。 学生支援センター窓口。 お問い合わせください。

通学証明書

通学証明書は、公共交通機関の通学定期券を購入する際に、学生証とともに提示が必要です。通学定期券は、現住所の最寄駅から南海高野線金剛駅または泉北高速鉄道泉ヶ丘駅までの最短区間で、通学を目的として利用する場合に限り購入できます。通学証明書の記載事項に変更があった場合は、必ず学生生活課に届け出てください。

※自ら記載欄の変更を行うことは認められません。学生生活課の変更承認印がないと使用できません。

紛失・盗難、汚損・破損したとき

通学証明書を紛失、破損した場合は、学生生活課へ再交付料(100円)を添えて「通学証明書再交付願」(用紙は学生生活課窓口備付)を提出し、再交付を受けてください。

注意事項

  • 有効期間は1年間です。(4月1日~翌年3月31日まで)
  • 通学定期券は区間を偽って購入したり、通学以外の目的(課外活動・アルバイト通勤など)で購入する不正購入や、通学定期券を他人に譲り渡すなどの不正使用は絶対に行わないでください。
  • 退学等によって学籍を離れたときは直ちに学生生活課へ返還しなければなりません。

※不正行為をした場合は、本人に多額の追徴金が課せられるばかりか本学学生に対する発行停止処分を受ける場合があります。

学割証(学校学生生徒旅客運賃割引証)

個人学生割引

JR各社を利用して片道100kmを越える区間を、以下の目的をもって乗車する場合に限り使用することができます。普通運賃が2割引になります。学生生活課に通学証明書を添えて「学生割引証交付願」(用紙は学生生活課窓口備付)を提出し、交付を受けてください。

※JR以外に近鉄などの鉄道会社にも同様の制度がありますので、各社の窓口にて確認してください。

■利用目的

学割証は学生の自由な権利として使用することを前提としたものではなく、修学上の経済的負担を軽減し、学校教育の振興に寄与することを目的として実施されている制度ですので、以下の目的をもって旅行する必要がある場合に限り、利用することができます。

  • 休暇、所用による帰省
  • 実験実習などの正課の教育活動
  • 学校が認めた特別教育活動または体育・文化に関する正課外の教育活動
  • 就職または進学のための受験など
  • 学校が修学上適当と認めた見学または行事への参加
  • 傷病の治療その他修学上支障となる問題の処理
  • 保護者の旅行への随行

注意事項

  • 有効期限は発行日から3ヶ月以内です。ただし、卒業・退学などで学籍を失ってからの使用はできません。
  • 発行限度枚数は年度ごとに1人10枚に限り、1回の発行枚数は原則2枚までです。
  • 学生証を携帯しない場合は購入および使用できません。
  • 本人以外の者が使用するなどの不正使用は絶対に行わないでください。

※不正行為をした場合は、本人に多額の追徴金が課せられるばかりか本学学生に対する発行停止処分を受ける場合があります。

団体学生割引

JR各社を利用して引率教職員と学生8名以上の団体が、発着駅および経路を同じくして、全行程を同一人員で合宿・遠征などの課外活動やゼミ旅行などを行う場合、所定の手続きを行うことで、団体学生割引を受けることができます。学生は普通運賃が5割引になります。JR各駅などに備え付けてある「団体旅行申込書」を学生生活課へ提出して大学の証明を受け、乗車日の14日前までに申し込み、乗車券を購入してください。

※JR以外の鉄道会社では各社によって条件が異なります。