台風等非常時の授業について

警報発令時における授業・試験の取り扱い

大阪府の「泉州地域」に区分される市町村※に気象庁による「特別警報」または「暴風警報」が発令された場合、下記のとおり取り扱います。

午前7時までに解除された場合平常とおり1時限から授業実施
午前7時を過ぎて午前11時30分までに解除された場合1、2時限は休講
3時限から授業実施
午前11時30分を過ぎて解除された場合終日休講

※ 泉州地域/堺市、和泉市、高石市、泉大津市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、熊取町、泉佐野市、田尻町、泉南市、阪南市、岬町

  • 行わなかった授業の補講、試験は、あらためて指示します。
  • 泉州地域以外に居住する学生でその居住区域に「特別警報」または「暴風警報」が発令された場合は、欠席した授業または試験について申し出により公欠として取り扱うため、事務局にて手続きしてください。(授業、試験は実施されます。)
  • 授業および試験開始後に「特別警報」または「暴風警報」が発令された場合は、直ちにその時限の授業および試験は中止します。ただし、状況により当該時限終了まで実施する場合があります。大学の指示に従って行動してください。
  • 特別警報ではない大雨警報、大雪警報、波浪警報、高潮警報、および、注意報のいずれかが発令された場合は休講になりません。
  • 遠隔授業の場合は、科目担当教員の指示に従ってください。

交通機関が運行休止または運行停止(運転見合わせ)と
なった場合の授業・試験の取り扱い

災害や事故等突発的な事由により、通学経路上の交通機関が運行停止(運転見合わせ)をしている場合、原則として授業、試験は実施されます。 但し、欠席した授業または試験について申し出により公欠として取り扱います。延着証明等持参の上、事務局にて手続きをしてください。

南海電鉄高野線、泉北高速鉄道のいずれか一つの交通機関において事前に運行休止が予告されている場合下表のとおり取り扱います。 また、以下の(1)(2)(3)のいずれかの運行休止が予告されている場合も同様の措置として取り扱います。

午前7時現在運行休止が継続している場合1、2時限休講
午前11時30分現在運行休止が継続している場合全日休講
  1. (1) JR 大阪環状線および大阪市営地下鉄
  2. (2) JR 阪和線および南海電鉄本線
  3. (3) 南海電鉄金剛駅および泉北高速鉄道泉ヶ丘駅よりキャンパス間の南海バス
  • 行わなかった授業の補講、試験は、あらためて指示します。
  • 通学経路において、上記以外の交通機関の運行休止が事前に予告されている場合、欠席した授業または試験について申し出により公欠として取り扱うため、事務局にて手続きをしてください。(授業、試験は実施されます。)
  • 遠隔授業の場合は、科目担当教員の指示に従ってください。