学部・大学院

Faculty

お知らせ

警報発令時における講義・試験の取り扱いについて

2015/05/11

大阪府の「南河内地域」または「泉州地域」に区分される市町村※に
「特別警報」(種類を問わない)または「暴風警報」が発令されているときは、授業を行わない。
 以下の時点で、「特別警報」または「暴風警報」が発令されているときは、下表の通り取り扱う。 
 
午前 7時現在
発令されている場合
午前中休講
午前11時現在
発令されている場合
全日休講

 

なお、学外実習などは、前記事項を踏まえ担当教員の指示により授業を行わないことがある。

 

(注意事項)特別警報、暴風警報が発令されたときは、自らの身の安全を最優先に行動してください。

 

※ 南河内地域:大阪狭山市、河内長野市、富田林市、羽曳野市、千早赤阪村、河南町、太子町、藤井寺市、松原市

  泉州地域:堺市、和泉市、高石市、泉大津市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、熊取町、泉佐野市、田尻町、泉南市、阪南市、岬町

 

○ 行わなかった授業の補講、試験は、あらためて指示する。

○ 上記以外の居住者の居住区域に「特別警報」(種類を問わない)または「暴風警報」が発令された場合、

  欠席した授業または試験について申し出により公欠として取り扱う。(授業、試験は実施される。)

○ 授業中、試験中に警報が発令された場合は、適宜指示する。