学部・大学院

Faculty

お知らせ

ミュージカル「明日への扉」鑑賞会を実施。

2015/10/14

10月10日、キャリア英語学科「スマートサロン」の一環で、学生たちが学外見学会として、滋慶学園グループが主催する、骨髄移植推進キャンペーンミュージカル「明日への扉」を鑑賞しました。このミュージカルは、1994年不治の病であった白血病が「骨髄移植」で治る病気になり、そのために多くのドナー(骨髄提供者)を集めることに協力しようと、当時が滋慶学園の学生たちが 自ら脚本を起こし公演したもので、本年で22年目、第143回公演を数えます。
 キャストをはじめ、企画、音楽、照明などすべてが専門学校生(18、19歳)によるもので、総勢509名全員が力を合わせ作り上げ、熱演する舞台は、観ている者の心に多くのことを訴えかけます。

 

参加した学生の声をお伝えいたします。

・同じくらいの歳で、感動する舞台を作り上げられてるのを見て、まだまだ自分は頑張れるんだと勇気をもらえました。
・骨髄移植について、どれだけリスクがあり、適合が難しいのかを知ることができました。
・初めて見る舞台が明日への扉でよかったです。
・この舞台を見て、みんな感じることは違うと思いますが、私は何か一つのことに全力で頑張ろうと思えるようになりました。
・あのNHKホールという立派な舞台で学生のみで演技や照明を完成させれるなんてとても驚きでした。
・ダンスも歌もとてもクオリティが高くほぼ同い年とは思えませんでした。
・骨髄移植やドナーの大切さ以外に大切な事を学べた気がします。


スマートサロンについてはこちら↓
http://www.tezuka-gu.ac.jp/nyushi/faculty/career_english/contents03/index.html