学部・大学院

教員紹介

一覧に戻る

津田 謹輔 教授

津田 謹輔 教授

最終学歴 京都大学大学院医学研究科
学位 医学博士
現職 人間科学部食物栄養学科教授、人間科学研究科人間科学専攻教授(兼担)
専門分野 代謝・栄養学(糖尿病学)、臨床栄養学
担当科目 疾病論、食物栄養英語論文購読、予防医学、演習A
(大学院)公衆栄養学特論、公衆栄養学演習

教育内容

【作成した教科書】

  • 「管理栄養士養成シリーズ 臨床病態学」(共著)化学同人
  • 「ケースで学ぶ栄養管理の思考プロセス 第2巻 内分泌・代謝疾患」(共著)文光堂
  • 「健康科学 知っておきたい予防医学」(単著)丸善出版

研究領域

糖尿病学(食事・運動療法、膵・消化管ホルモン)

主たる業績

  • Effect of percutaneous electrical stimulation on postprandial hyperglycemia in type 2 diabetes. Diabetes Res Clin Practice 96:306,2012
  • Enteral supplement enriched with glutamine, fiber and oligosaccharide Attenuates experimental colitis in mice Nutrition (in press)
  • The effects of running exercise on oxidative capacity and PGC1α mRNA levels in the soleus muscle of rats with metabolic syndrome J Physiol Sci 62:105, 2012
  • 糖尿病最新の治療2013-2015(南江堂)2013 共著
  • 有効で実施可能な食事療法のすすめかた Medical Practice 779,2013

学会・社会活動

日本内科学会(認定医)、日本糖尿病学会(評議員、認定医、指導医、食品交換表編集委員会委員)、日本病態栄養学会(評議員)、日本栄養・食糧学会(参与、 学会活動強化委員、用語辞典委員)日本肥満学会(評議員)、日本糖尿病合併症学会(評議員)

学生・受験生へのメッセージ

「食」は「人」を「良」くすると書きます。栄養学はとても大切で、また奥深い分野です。是非一緒に勉強しましょう。

一覧に戻る
ページの先頭に戻る