学部・大学院

教員紹介

一覧に戻る

玉越 勢治 准教授

玉越 勢治 准教授

最終学歴 関西学院大学大学院文学研究科博士課程後期課程心理学専攻単位取得満期退学
学位 博士(心理学)
現職 人間科学部 心理学科 准教授
専門分野 実験心理学、認知心理学、精神生理学、基礎心理学、工学心理学
担当科目 心理学基礎実験、心理学実験実習、心理学研究法、認知心理学 I・II、演習

教育内容

人の心を科学的に探る手法を学びます。見たり,聞いたり,何かを感じる時,心と一緒に脳や身体のどこかが反応します。ビクッとしたり,心臓がドキドキしたり,声が出るかもしれません。直接見る事のできない心を,観察することのできるデータに置き換えて検討する手法を学びます。学びを通じて,見えない真実を追求するための力が養われるでしょう。人はこういう生き物だと,ほんの少し分かるかもしれません。

研究領域

人の心のメカニズムについて,行動に加えて脳波や心拍数などの生体反応を手掛かりに研究しています。得られた知見をモノづくりに活かしています。

主たる業績

  • 最先端の心理科学―基礎研究と応用実践.玉越勢治・三田村仰・野田航・前田志嘉代,2011年3月,関西学院大学出版会
  • ロッキングチェアのリラックス効果に関する工学心理学的検討.玉越勢治・山本直樹・森本文人・長江新平・市場博幸・磯博行,2012年3月,行動科学, 50, 101-105.
  • The Psychophysiological Effects of the Real Fireplace. Seiji TAMAKOSHI,Satoshi SHIMAI, Sakurako SOGO, Akihiro YAGI. 2011年10月,Psychologia, 54, 68-79.
  • ミスマッチ陰性電位を指標とした時間統合窓の基本特性の検討.玉越勢治・溝部光希・箕浦菜々子・片山順一・八木昭宏, 2011年4月,生理心理学と精神生理学,29, 5-12.
  • fNIRSを用いた対戦型ゲームのエンタテインメント性の初期的検討 : 対人間と対コンピュータにおける比較.玉越勢治・高橋励・寺尾将彦・澤井大樹・今西明・森本文人・八木昭宏・片寄晴弘,2006年3月,IPSJ SIG Technical Reports, 24, 35-42.

学会・社会活動

【所属学会】

日本心理学会、日本生理心理学会、日本基礎心理学会、関西心理学会、日本人間工学会

【シンポジウム】

  • MMNと心理学 第41回日本臨床神経生理学会
  • MMNを用いた心理学的研究の意義 第42回日本臨床神経生理学会

【査読誌】

Biological Psychology、生理心理学と精神生理学、臨床神経生理学

学生・受験生へのメッセージ

せかいの中に自分がいるのか,自分の中にせかいがあるのか,考えてみると不思議ですね。今,自分がどれくらいの年齢で,どこにいるのか,その意味を考えてみよう。

一覧に戻る
ページの先頭に戻る