トピックス

Topics

新着情報

堺市役所「森のキッチン」学生考案メニュー提供開始!(最終週)

2018/03/26

 堺市役所の地下食堂「森のキッチン」で、本学食物栄養学科学生が考案したメニューが提供されています。
 森のキッチンは、堺市にある社会福祉法人コスモスが運営する障害者就労継続支援施設で、市役所の職員だけでなく誰もが利用できる食堂です。人々の生活導線の中に設けた福祉施設であると全国でも珍しく海外からも注目されています。2017年11月より新メニュー開発プロジェクトが始動し、2月19日(月)より提供してきました。
 最終週(3/26~3/30)のメニューは、食物栄養学科健康実践栄養士課程3回生の平佳子さんが考案した「とろ~りキノコのパクパク丼」です。他にはあまりないキノコを主役にした丼で、冬においしくなる白菜と一緒に「とろ~り」食感の炒め煮にしました。甘塩っぱい味付けとゴマ油の香りが食欲をそそり、「パクパク」とごはんが進みます。
 
 これまでのメニューは下記の通りです。最終日まで、どうぞお楽しみください。