校章・校歌

校章の由来

帝塚山学院の「帝」の字を中 心に、品格を象徴する松を両 側に配した校章。
双葉からた ゆみない成長を遂げ、実を結 ぶさまを描いて、教育の理念 を表現しています。
帝塚山学院大学 校章

帝塚山学院大学校歌「若き空」

作詞:喜多條 忠/
作曲:南こうせつ/編曲:平林 龍
一、
若きいのちの 輝きが
集いし自由の 学舎は
麗しの丘 帝塚山
ときめきの 窓開けて 歩いてゆく
人を愛して 愛される
こころ 気高き 人になる
二、
夢の行方は 違っても
明日を見つめる まなざしで
友と語らう 帝塚山
ぬくもりを 携えて 旅に出る
夢を信じて 追いかけて
夢を 捨てない 人になる
三、
守り育った 伝統は
理想の世界を 目指すため
古の丘 帝塚山
言の葉を ひもといて 道拓く
常に学んで 新しい
強い やさしい ひとになる