トピックス

Topics

新着情報

学生の皆さんへ 帝塚山学院大学 課外活動再開に向けての方針について

2020/06/25

学生の皆さんへ
        帝塚山学院大学
               
課外活動再開に向けての方針について
 
学生部(学生生活課)
 
 この度、本学では、「大学等における新型コロナウイルス感染症への対応ガイドラインについて」(6/5 文部科学省)の基本方針をもとに、新型コロナウイルス感染防止と学生の安全を第一に考えながら課外活動再開に向けての方針の検討を行いました。
 クラブ・同好会活動は、クラブ指導者の指揮・監督の下、条件を満たした限定的な活動から再開し、状況を確認しながら段階的に活動再開を拡大していく予定です。具体的には別表に示したように活動内容を第一段階から第三段階までに分けて段階的に活動再開を認めていきます。
 なお、くれぐれも自分が「感染しない」だけでなく、「感染させない責任」についてしっかりとした自覚を持って活動計画を立ててください。
 
【段階的な活動再開に向けての課外活動団体との確認事項
1、「文部科学省」「大阪府」「帝塚山学院」「帝塚山学院大学」「スポーツ庁」「各種目団体」から出される方針やガイドラインを十分に踏まえたものであること
2、部員の体調を継続的に把握し、体調異常がある学生には活動に参加させないなどの管理や指導が徹底できること。
3、各団体の活動状況や環境にあった感染防止対策の下で、人数、活動場所、時間、活動形態を適切に制限した活動であること。
4、顧問・指導者・部員との連携が十分に取れており団体内の指示命令・連絡体制が明確に確立されていること。活動参加が強制的なものとならないなど、部員個々の事情を尊重し配慮されること。
 
【課外活動の再開にあたって】
活動再開を希望するクラブ・同好会は上記【段階的な活動再開に向けての課外活動団体との確認事項】の内容を確認できる「活動計画書」(別紙)を作成し、学生生活課に提出してください。学生生活課との面談等を踏まえて、「感染拡大防止対策が十分に可能と判断された団体」から順次活動を許可してまいります。
 
「活動計画書」 *ダウンロードはこちらから。

【各段階における活動内容】
《第1段階》
(目安時期)7月1日~7月15日 
イ)顧問・指導者等が管理・指導ができる団体のみ
ロ)感染拡大防止対策が徹底されていること(活動場所等)
ハ)短時間で段階的であること
二)「活動計画書」を提出し学生生活課との面談で活動が承認された団体に限り学内施設での活動を認める。 

《第2段階》
(目安時期)7月15日~夏休み終了日(状況により判断)
《第1段階》で活動を承認された団体で、条件(イ)~(ニ)を遵守できた団体に限り以下の通りの内容となる。
イ)に関して、第1段階における十分な管理指導の徹底が保証された場合、第2段階においては、最低週1回程度以上の管理確認・指導ができること。
ロ)については継続徹底すること
ハ)については体調面への配慮をしたうえで、管理者の責任で正規の時間に戻していくことができること。
ニ)活動計画書の再提出は必要ない。
また、学内施設及び一部学外施設における活動を認める。
 
◎この段階から新しく活動を再開する団体においては、あくまで《第1段階》イ)~ハ)の要件について徹底することから始めるが、状況により活動計画書の承認レベルは第1段階より緩和されることがある。

《第3段階》
(目安時期)第2段階終了日翌日から~
  全ての活動において、「新たな生活様式」および、その時期に出される「各種感染防止ガイドライン、活動方針」に沿って活動を実施する。
◎この段階から新しく活動を再開する団体においては、あくまで《第1段階》イ)~ハ)の要件について徹底することから始めるが、状況により活動計画書の承認レベルは第1段階より緩和されることがある。