News

お知らせ

紀要『比較文化』2号投稿論文募集のお知らせ

お知らせ

2021.07.01
『比較文化』は、旧帝塚山学院大学国際理解研究所が多年にわたって掲げてきた平和の希求を継承しつつ、より深い異文化の理解を進めるための研究、特に比較文化、比較文明、異文化理解、異文化コミュニケーション等のキーワードに基づいた論文を掲載しています。
2021年度発行『比較文化』2号の刊行にあたり、比較文化に関わる論文を募集します。
日本の文化と他文化、あるいは異なる文化間の比較研究を促進し、その発展に寄与する論文の投稿をお待ちしております。
投稿論文の種類・形式は本誌所掲の投稿規定に準じます。

帝塚山学院大学比較文化研究所紀要『比較文化』2号募集要項
・刊行予定時期:未定
・募集総本数:数本
・原稿投稿の締切:2021年9月30日(木)
・投稿先bunkaken@tezuka-gu.ac.jp比較文化研究所事務局宛

帝塚山学院大学比較文化研究所紀要『比較文化』投稿規定
1 投稿の締め切りは募集要項に示します。
2 査読をします。(原稿の採否は帝塚山学院大学比較文化研究所紀要『比較文化』編集委員会が任命した査読委員による検討を経て、同委員会が決定します。)
3 投稿は未公刊の原稿に限ります。
4 原稿は返却しません。
5 原稿料は払いません。
6 著者に本誌10部を無料で進呈します。
7 執筆者の校正は2校までとします。
8執筆者の氏名とともに所属、連絡先(現住所、電話番号およびメールアドレス)を添付してください。

帝塚山学院大学比較文化研究所紀要『比較文化』執筆要項
1使用言語:日本語、英語
2書式 
1)ワープロソフト:Microsoft Wordを使用
2)用紙:A4横書き
3)本文フォント:和文はMS明朝、英文はTimes New Romanを使用。
4)ポイント:10.5ポイント
5)A4、ダブルスペース(「行間」を「2行」に設定)、余白は上下両端とも2.5cm主題、副題、英文要旨(400字以内)、キーワード、本文、注、参考文献の順で記すこと。
6)分量:上記の書式で20頁以内3投稿方法電子メールの添付ファイルで投稿。

 事務局休暇期間を除き、通常3日以内に投稿受付メールをお送りします。
 メールが届かない場合は、比較文化研究所事務局までご連絡ください。

帝塚山学院大学比較文化研究所紀要『比較文化』編集委員会
委員長 小松 久美子
委員    猪股 剛
          田中 仁
          西川 禎一
          福島 理子
          古田 真一
          彭 佳紅

紀要『比較文化』への投稿ならびに質問は、下記までお願いします。

〒590-0113
堺市南区晴美台4-2-2
帝塚山学院大学比較文化研究所事務局
E-mail:bunkaken@tezuka-gu.ac.jp