学部・大学院

教員紹介

一覧に戻る

宮武 和孝 教授

宮武 和孝 教授

最終学歴 大阪府立大学大学院農学研究科博士課程農芸化学専攻単位取得退学
学位 農学博士
現職 人間科学部食物栄養学科教授、人間科学研究科人間科学専攻教授(兼担)、大阪府立大学名誉教授
専門分野 食品学、環境化学、生物資源循環工学
担当科目

食物栄養英語論文購読、食品学、生物学、化学、健康管理学、応用食品学

(大学院)食品科学特論

教育内容

食品化工や保蔵について、その原理や応用について概説し、機能性食品開発やサプリメントへの開発の現状を解説する
食品の生産から製造販売にいたる幅広い領域において資源循環の概念を導入して食における循環型システムについて考える

研究領域

  • 食品加工・保蔵への過熱水蒸気の利用について
  • 環境化学や資源やエネルギーの循環・有効利用

主たる業績

  • Methods Mol Biol. 編者:Schwartzbach S.D.&Osafune T. Production and purification of monoclonal antibodies. in Immuno-electron Microscopy, Humana Press Inc. NJ, USA, Miyatake ほか2名、共著(2009年)
  • Antigenic properties of the coat of Cucumber mosaic virus using monoclonal antibodies J.Virol.Meth., 162, 223-230,(2010), Miyatake ほか
  • 広葉樹林から分離されたマツタケ菌糸体が生産する菌体外β―グルコシダーゼの精製と性質、楠田瑞穂、小西康仁、上田光宏、宮武和孝、白坂憲章、山中勝次、寺下隆夫、日本きのこ学会誌、18、99-102 (2010)

学会・社会活動

  • 日本生化学会
  • 日本農芸化学
  • 日本ビタミン学会
  • 日本栄養食糧学会
  • 生物工学会正会員
  • 資源エネルギー学会
  • 高温学会正会員
  • 和歌山県ダイオキシン類対策検討委員会委員
  • 高石市廃棄物等減量検討審議会委員
  • 「過熱水蒸気による食の研究会」主査
  • (社)大阪ニュークリアサイエンス協会 参与

学生・受験生へのメッセージ

大学で自らすすんで学び、取得した知識を智慧にかえらえる力をみにつけてほしい。

一覧に戻る
ページの先頭に戻る