学部・大学院

教員紹介

一覧に戻る

井上 嘉孝 准教授

井上 嘉孝 教授

最終学歴 学習院大学文学部心理学科卒業
京都大学大学院教育学研究科博士課程修了
学位 博士(教育学)
現職 人間科学部心理学科准教授、人間科学研究科臨床心理学専攻准教授(兼担)
専門分野 心理臨床、臨床心理学、深層心理学
担当科目 臨床心理学Ⅰ・Ⅱ、大学基礎講座、基礎心理学Ⅰ・Ⅱ、基礎演習、演習A、演習B
(大学院)臨床心理査定学演習Ⅰ・Ⅱ、臨床心理事例研究演習Ⅰ・Ⅱ、総合的事例研究演習Ⅰ・Ⅱ

教育内容

心理学の視点は私たちの人生とどのようにつながるのか、臨床の知は私たちが生きてゆくための力になりうるのか。そうしたことについて、できるだけ具体的で身近な例を通して考えていきます。

研究領域

人文社会系、社会科学、心理学、臨床心理学

主たる業績

  • 井上嘉孝(2007):吸血鬼と恐れの変容―心理臨床における異界との関わりについての一考察―.京都大学大学院教育学研究科紀要,53,pp72-84.
  • 井上嘉孝(2009):心理学と遺伝との対話―血と遺伝子の語ること.伊藤良子・大山泰宏・角野善宏(編):京大心理臨床シリーズ〈8〉身体の病と心理臨床―遺伝子の次元から考える,創元社,pp313-320.
  • 井上嘉孝(2010):苦悩という体験の心理学的理解―村上春樹『トニー滝谷』における出会いと孤独を手掛かりとして―.矢野智司・桑原知子(編):臨床の知―臨床心理学と教育人間学からの問い,創元社,pp141-160.
  • Inoue, Y.(2011): Contemporary consciousness as reflected in images of the vampire, JUNG JOURNAL: Culture & Psyche (International quarterly published by the C.G. Jung Institute of San Francisco), Vol.5:4, University of California press, pp83-99.
  • 井上嘉孝(2013):吸血鬼イメージの深層心理学―ひとつの夢の分析―,創元社.

学会・社会活動

  • 日本心理臨床学会
  • 日本箱庭療法学会
  • 日本学生相談学会
  • 日本遺伝カウンセリング学会
  • 日本トランスパーソナル心理学/精神医学会

学生・受験生へのメッセージ

古来より人間は自分自身、他者、そしてこころという現象への興味を抱き、様々なかたちでそれを表現してきました。現代のこころのあり方やそれが抱えている課題について、みなさんとともに考えていけることを楽しみにしています。

一覧に戻る
ページの先頭に戻る