学部・大学院

教員紹介

一覧に戻る

鈴木 千枝子 教授

鈴木 千枝子 教授

最終学歴 関西学院大学文学部心理学科卒業
学位 文学士
現職 人間科学研究科臨床心理学専攻教授
専門分野 人文科学、哲学関係、臨床心理学(心理療法、心理アセスメント法、病院心理臨床)
担当科目 (大学院)臨床心理学原論演習Ⅱ、臨床心理面接学実習Ⅰ・Ⅱ、臨床心理地域援助学実習Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、総合的事例研究演習Ⅰ・Ⅱ、臨床心理事例研究演習Ⅰ・Ⅱ

教育内容

臨床心理学を通して「こころ」について、皆さんと学びたいと思います。臨床心理学実習などの体験型授業では、小グループで討議できるように工夫し、課題や 問題点の振り返りを重視している。これにより知識の習得だけではなく、「こころ」についてより理解を深めるように進めている。「こころの専門家」としての 実践経験を講義で生かしている。

研究領域

人文社会・社会科学、心理学・臨床心理学

主たる業績

  • 「臨床心理学3巻」(共著 培風館 2000)
  • 「ライフサイクルの心理療法」(共著 創元社 2004)
  • 「心理療法ハンドブック」(分担執筆 創元社 2005)
  • 「心理査定実践ハンドブック」(分担執筆 創元社 2006)
  • 「精神病の精神分析的アプローチ」(共著 金剛出版 2008)など

学会・社会活動

日本心理臨床学会、日本精神分析学会、日本ロールシャッハ学会、日本思春期青年期精神医学会、大阪府臨床心理士会理事

学生・受験生へのメッセージ

積極的な学びを大切にして、自ら課題を見つけて考える力を身につけてほしいと思います。知識をエネルギーにして、自分の将来に新たな可能性を見出しましょう。

一覧に戻る
ページの先頭に戻る