News

お知らせ

マレーシア政府観光局 徳永誠氏によるミニ講演会が行われました

リベラルアーツ学科

2016.11.04

10月28日(金)、キャリア英語学科の授業で、マレーシア政府観光局 徳永誠氏 マーケティングマネージャーによるミニ講演会が開催されました。キャリア英語学科では1回生終了時の春休みに「マレーシア短期英語研修」を実施しており、その準備学習として行われました。

 

「『アジア大交流時代』に活躍できる日本の若者の人材育成事業に尽くしていきたい!!」との想いで、若い頃から「ASEANと日本の架け橋」としてマレーシアと関わられてきた、ユニークな経歴の持ち主です。

 

「オーストラリアといえば何が思い浮かぶ?では、マレーシアといえば…?」。
連想ゲームから始まり、世界経済が低迷しているなか成長を遂げたアジアの縮図について、熱く語っていただきました。

 

「世界経済が発展していくヒントは全て、マレーシアにあります!!」と徳永氏。
学生たちにマレーシアをイチオシする理由には、次のような特長が挙げられます。
①マレーシアが多民族共存を目指す国である。
②英語でのコミュニケーションが可能である。
③熱帯雨林など環境学習の舞台に恵まれている。
④「ルックイースト制度」が行われてきたこともあり、人々が親日的である。
⑤日本の学生にとって、マレーシアは興味と関心が薄い国である。

 

「日本には欧米崇拝・アジア軽視の歴史があり、近隣国を知らない面があります。だからこそ、アジアを体験することに意味があります」。
熱い想いが学生たちに伝わりました。

トピックス画像

トピックス画像

トピックス画像