社会連携・地域貢献

開講講座詳細

 詳細

淡輪古墳群と紀氏

申込期間 2019/02/27~2019/03/14
開講期間 2019/04/10~2019/05/18
開催日時

 

4/10、4/17、4/24
5/8、5/15、5/18

水曜日 3限目 13:30~15:00

※5月18日現地講義のみ土曜日10:00~16:00(雨天家順延日:5月19日 日曜日)
受講料 全6回6600円(聴講講義5回+現地講義1回)、全5回5,500円(聴講のみ)
開講場所 狭山キャンパス 
定員 40名
内容紹介

大阪府の南端、紀淡海峡を臨む場所に築造された淡輪古墳群には、倭五王の一人雄略天皇に仕え朝鮮半島新羅との戦で戦死した将軍紀小弓宿禰の墓と云う淡輪ミサンザイ古墳(西陵古墳)や垂仁天皇の皇子五十瓊敷入彦命の墓と云う宇度墓古墳など巨大古墳がある。紀小弓・大磐・男麻呂など倭王権の朝鮮半島経営で活躍した紀氏について考古学から学ぼう。

4/10   淡輪古墳群の概説-西陵古墳・宇度墓古墳・西小山古墳の調査成果-
4/17   西陵古墳および宇度墓古墳の被葬者は?-文献と考古学からアプローチ-
4/24   倭の五王と紀氏-百舌鳥古墳群と淡輪古墳群の比較から-
5/8    「淡輪技法」による円筒埴輪の意義-紀氏と渡来人-
5/15   紀ノ川流域の古墳群と紀氏ー5・6世紀の倭王権につかえた紀氏の墓域ー
5/18()  10:00~16:00現地講義 淡輪古墳群(西陵古墳・宇度墓古墳)と岩橋千塚古墳群・紀伊風土記丘資料館の探訪
※現地講義は歩きやすい服装でお越しください。
 
 
5/18現地講義について
◆集合場所 南海本線「淡輪駅」駅 ※現地集合・現地解散
◆時間 10:00~16:00 雨天順延日5/19(日)
 
聴講のみ受講希望の場合、申し込みの際、必ず「聴講のみ」とお書きください。
 
講師

田中 清美

本学非常勤講師・日本考古学協会会員

ページの先頭に戻る